腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

オリンピック記念モデルの評価、オメガスピードマスターデイト3513.20

スピードマスターには「オリンピック記念モデル」がいくつか存在しますが、それは「デイト」と「ブロードアロー」に存在している模様です。

「オリンピック記念」というように、特殊な要素を感じさせるモデルの場合、通常モデルより高い傾向があるのかと思うところですが、ブロードアローの場合、通常版よりオリンピック記念モデルのほうが安い傾向があります。

ブロードアローというシリーズは、フレデリックピゲが搭載され、高級モデルという位置づけな存在です。

そのため、中古も相対的に高い水準となっており、2017年の段階で白文字盤は30万円以上という水準でした。

しかし、同じ白文字盤であるオリンピック記念モデルは、2017年において20万円台前半という水準。フレデリックピゲという高級ムーブメントを搭載しているにもかかわらず、かなり安価な水準に位置していたのです。

オリンピック記念モデルは、いずれのシリーズも文字盤のデザインが同じコンセプトとなっているのですが、その見た目は好き嫌いが分かれるのかもしれません。

例えば、オメガのロゴは旧タイプのモノであったりと、全体的にクラシカルな雰囲気を漂わせるデザインとなっています。

このように、ブロードアローでは、通常モデルよりも安い傾向のあるオリンピック記念モデル。

では、デイトではどのような評価となっているのかというと、なんと通常版より高い傾向があるのです。

この3513.20は、2004年頃にデビューしたモデルなのですが、同世代のデイトと比較して相対的に高い価格帯に位置しています。

オメガスピードマスターデイト3513.20の価格比較

時計名 状態 2010年2月の安値(ヤフオク) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
デイト
3513.20
中古 ¥120,750 8年 ¥181,440 60,690 150.26%
オリンピック記念モデルの評価、オメガ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -