腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年11月8日更新

復刻カレラは評価されている、タグホイヤーCS3113

1996年に復刻されたカレラ

当初は限定モデルでしたが、人気だったことから、「限定」が解除され通常販売された経緯があります。

この世代のカレラには1つのYGモデルと、4つのSSモデルがありますが、1996年に登場したモデルに関しては、限定版と通常版があります。

限定だった時代のモデルと、後に限定が解除された時代のモデルでは、差がほぼ無く、違いといえば、裏蓋に「Re-edition」などという表記があるか否かという点。見た目としての違いは全く無いといってよいでしょう。

ちなみに、限定版だった時代にしか存在していないというモデルはありません。

また、限定解除後には、2つのモデルがデビューしているため、それらモデルだけが「通常版しかない」ということになり、逆にレアという可能性を秘めている存在だといえる複雑な状況となっています。

それらのモデルこそ、新しい黒文字盤CS3113サーモンピンク文字盤CS3112で、両者は2000年頃デビューし、2002年に「タグホイヤー」ロゴのカレラが登場するまで存在していました。

現行品としてラインナップされていたのは2年程度であり、1996年に登場したCS3111などと比較して製造年が短いモデルとなっています。

この2つのカレラは数が少ない傾向がありますが、最も見かけない存在であるのはサーモンピンク文字盤のCS3112という存在。文字盤の色が特徴的というだけでなく、このモデルだけがSSでもクロコの革ベルト仕様となっており、他のカレラとは異なる要素のある1本だといえます。

それに対して同じ時期にデビューした新しい黒文字盤は、それ以前の黒文字盤であるCS3111と同じ「黒文字盤」という存在であるため、目立って違うモデルという扱いをされていないこともある様子です。

しかし、インダイヤルが「フチあり」仕様となっており、それが与える見た目の印象の違いは大きいともいえるでしょう。

さて、そんなCS3113という存在ですが、かつては他のカレラと同じくずいぶん安い水準で売られていたこともありました。

それが2017年には、10万円台後半という水準にまで上昇し、この世代のカレラとしてはそれ以前よりも高くなっていたといえます。

そして、それから約1年半後の今、このCS3113という存在は2017年よりもさらに高くなり、30万円台という水準になっているのです。

タグホイヤーカレラCS3113の価格比較

時計名 状態 2017年4月の安値(ヤフオク) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
カレラ
CS3113
中古 ¥188,000 1年 ¥348,000 160,000 185.11%
復刻カレラは評価されている、タグホイ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -