腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

クロノグラフの事情、カルティエロードスターW62019X6

2002年に男性専用ラインとしてデビューしたロードスターですが、その後は女性用がデビューするなど、コンセプトが変更。現在では、シリーズが終了しています。

デビューした「2002年」という時期は、日本では腕時計ブームといえる時代だったため、このロードスターカルティエの新作」としてとても注目されていたように感じました。

しかし、今では「ロードスター」という存在は、それほど高い知名度だとはいえない状況だと思います。

ロードスターという存在は、デビュー当初において、男性専用というだけでなく、

  • 脱着可能なストラップ
  • という点も大きな注目度となっていました。

    腕時計を選ぶ際、革ベルトかブレスレットにするかは迷うところとなるでしょうが、ロードスターの場合は、オーナー自らワンタッチでそれらを付け替え可能だったのです。

    ただ、今となっては、脱着式の革ベルトが付属品として付く中古の個体も見かけることが減り、ロードスターに対して「脱着可能なストラップ」という点は大きな要素とはなっていない様子です。

    このロードスターの最近の相場はどのような水準かというと、3針モデルの場合、20万円台といったところ。付け替え用ストラップが付属品としてある個体は、20万円台後半、本体のみは20万円台前半ということが多いように感じますが、必ずしもそうではない傾向があります。

    そんなロードスターには、クロノグラフモデルも存在するのですが、なんとクロノグラフの場合、3針モデルとは相場がずいぶん違うという傾向があるのです。

    現在、ロードスターの3針自動巻男性用モデルは、先のように20万円台という水準ですが、クロノグラフとなると40万円台という水準となっているのです。

    カルティエロードスタークロノグラフW62019X6の価格比較

    時計名 状態 2012年5月の安値(ヤフオク) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    カルティエ
    ロードスター
    クロノグラフ
    W62019X6
    中古 ¥431,000 6年 ¥478,000 47,000 110.90%
    クロノグラフの事情、カルティエロード…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -