腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

約2年で5万円の値動き、ラジオミールブラックシールPAM00183

2004年に初のカジュアルラジオミールとしてデビューしたPAM00183

ラジオミールとしては珍しく、「ブラックシール」という愛称が設定されているのですが、これは当時唯一のカジュアルラジオミールだったからだと思います。

今となっては、ルミノールと価格帯が特に変わらないシリーズとなっているラジオミールですが、このブラックシールが出るまでは最高級シリーズという役割を担っていました。

当時のラジオミールは、金無垢モデルが中心で、少数存在したステンレスモデルも、ゼニスエリートといった高級ムーブメントや、アラームなどのコンプリケーション機構が備わっているなど、高級感を感じさせる存在でした。

それが、このブラックシールの場合は、ETA手巻きムーブメントが搭載されており、ルミノールと同様の内容となっているのです。

ですから、高級なラジオミールと区別するために「ブラックシール」という名称としたのでしょう。

実際、高級だった時代のラジオミールを知る筆者は、当時RGのラジオミールが欲しいと思いながら、なかなか手を出せないと感じていました。それがブラックシールという安価なモノが出たため、手が届くと感じ「欲しい」と思った記憶があります。

高級なシリーズのカジュアル版という存在は、ロレックスヨットマスターロレジウムや、フランクミュラーカサブランカなどが該当しますが、高級なのにカジュアルという存在は魅力的だと感じます。

しかし、ブラックシールがそのような存在感だったのは2004年だけだといえます。

なぜなら、デビュー翌年の2005年にはラジオミールベースがデビューし、ラジオミールの役割は高級からカジュアルに変化していたからです。

さて、そのようなブラックシールという存在ですが、2005年以降において人気が下がるという印象はなく、むしろ多くの人にほしいと思われるようなメジャーな存在となっていたように感じます。

ただそのメジャーという印象は、「高級モデル」という特別感を感じさせないということにも作用するといえます。

そのためか、2016年9月の段階では30万円台後半という水準に位置し、パネライの通常モデルとしてはルミノールベースなどとともに、最も安いといえる価格帯に位置していました。

それでも、2012年と比較すると2016年の水準は値上がり傾向であり、ブラックシールという存在は悪くない値動きをしていたといえます。

では、2016年9月から2年少し経った現在、このブラックシールはどのような様子となっているかというと、その水準は40万円台となっており、きちんと値上がりしている様子です。

オフィチーネパネライラジオミールブラックシールPAM00183の価格比較

時計名 状態 2016年9月の安値(楽天) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
ブラックシール
PAM00183
中古 ¥365,040 2年 ¥419,000 53,960 114.78%
約2年で5万円の値動き、ラジオミール…の次ページを見る>>
1 2
- PR -