腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

値下がり傾向、パテックフィリップ年次カレンダー5396G-011

パテックフィリップの高級なモデルといえば、2年ほど前までは、年次カレンダーワールドタイムといったコンプリケーションという印象がありました。

特に、年次カレンダーの最新モデルである、5396G-011は人気があり、相場も高いという印象があったように感じます。

年次カレンダーは、1996年に初代モデルが登場しましたが、この5396のような“小窓”タイプが登場したのは2003年のこと。

その際デビューしたWEMPE限定モデルは、高い注目度となり、2006年には通常モデルとして小窓タイプの年次カレンダーが発売されました。

ただ、その際登場した5396-001は、同じ5396でもこの5396G-011とは見た目の印象が全く違うデザインのモノ。

5396-011がWEMPEモデルや、それ以前に存在した永久カレンダーに似ているのに対し、「-001」は1930年代のカラトラバを復刻させた5296年次カレンダーといったところでした。

「-001」は2006年に登場したのですが、その際「-011」は同時に登場したというわけではなく、WEMPEに近い文字盤デザインの5396を待ち望む声があったと思います。

そして、WEMPEに近いデザインである「-011」が登場したのは、5396がデビューしてから4年後の2010年。そのブランクがあったという点も含めて、登場時から“人気モデル”となったように感じます。

そして、2017年頃まではこの5396G-011は「-001」より高いのはもちろん、他のパテックフィリップの人気モデルと比較しても相対的に高く、まさに「高いモデル」という印象だったのです。

けれども、そんな年次カレンダー5396G-011の価格序列は、1年少し前と比較してずいぶん違った状況となっているのです。

パテックフィリップ年次カレンダー5396G-011の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
年次カレンダー
5396G-011
中古 ¥3,800,000 1年 ¥3,606,000 -194,000 94.89%
値下がり傾向、パテックフィリップ年次…の次ページを見る>>
1 2
- PR -