腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ラージの評価は変化した、オーバーシーズ42042/423A

1996年にデビューした第1世代のオーバーシーズには、様々な文字盤色が存在し、アクアノートと比較してかなりラインナップが多い印象です。

男性用に、ラージとミディアムを用意するという点はアクアノートと同じなのですが、オーバーシーズの場合、ラージにもクオーツモデルが用意されているという特徴があります。

そのため、文字盤色、ケースサイズ、ムーブメントという3つの観点によって相場が異なるといえます。

ただ、近頃は、文字盤色が相場に与える影響は少なく、ケースサイズとムーブメントで価格序列が分かる傾向があります。

特に評価されるポイントだといえるのが、ラージサイズという要素で、クオーツモデルでもラージサイズは相対的に高いといえる様子を見かけました。

また、第1世代においてラージサイズは見かけることが少なく、価格序列が高めというだけでなく、数が少ないという印象もありました。

分かりやすく価格序列を示すと、ラージ(自動巻)>ラージ(クオーツ)≧ミディアム(自動巻)>ミディアム(クオーツ)といった感じだといえます。

例えば、2017年には既にラージが特に高いという傾向になっており、ミディアムの自動巻が約56万円だった一方で、ラージの自動巻は約76万円という水準だったのです。

しかし今、そんなラージのオーバーシーズに異変が起きており、2017年よりも下落傾向という様子となっている状況です。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズ42042/423Aの価格比較

時計名 状態 2017年3月の安値(楽天) 期間 2018年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ヴァシュロンコンスタンタン
オーバーシーズ
42042/423A
中古 ¥767,800 1年 ¥698,000 -69,800 90.91%
ラージの評価は変化した、オーバーシー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -