腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

プレミア価格でも買っておけばよかったと感じる、デイトナ116500LN白文字盤

2016年にデビューした116500LNは、それまでの黒文字盤人気とは異なり、白文字盤のほうが人気があるという状況となっていますが、それはデビューから3年近くの月日が経過した今でも変わりありません。

また、これまで、ロレックスの新作は、デビューした時期が最も高く、その後は徐々に値下がりとなる傾向がありましたが、この116500LNに関しては、デビューした2016年の水準が最も安かったということになっています。

ですから、この116500LNというモデルは、これまでの常識を打ち破る偉業を2つも成し遂げたわけであり、まさに新世代の「腕時計の王様」にふさわしい影響力のあるモデルだといえます。

116500LNの値動きは、2018年12月の今でもとどまることはなく、白文字盤は7月と比較して中古が8万円以上高くなっている様子です。

また、黒文字盤についても値上がり傾向となっており、注目度は高いといえる状況です。

この116500LN白文字盤の定価は、127.4万円という水準なのですが、これまで最も安かったといえる2016年の新品実勢価格(3社平均)は約195万円という水準でした。

そして2018年12月の今、116500LN白文字盤の中古ボトム価格は、約239万円という水準になっているのです。

ですから、この116500LNは、2年前の新品実勢価格より、現在の中古のほうが40万円以上も高いのです。

ロレックスデイトナ白文字盤116500LNの価格比較

時計名 状態 2018年7月の安値(楽天) 期間 2018年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
116500LN
中古 ¥2,397,600 0年 ¥2,484,000 86,400 103.60%
プレミア価格でも買っておけばよかった…の次ページを見る>>
1 2
- PR -