腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

130万円台に到達、GMTマスター2 116710BLNR

2013年にデビューした116710BLNRは、デビュー当初から注目度が高い存在で、実勢価格は定価を上回る状態となっていました。

そんな116710BLNRという存在は、常に「割高」という印象で、いつの時代も買いづらい存在といえるかもしれません。

また、ロレックスの新品実勢価格は、2000年代前半において30万円台という水準だったのが、6桁世代となってからは、50万円台となるなど、それ以前と比較して高くなった経緯があります。2010年代前半の感覚としては、50万円台という水準でも「昔より高くなった」という印象があったと思いますが、そのような時期において、116710BLNR100万円近くしたのです。

いくら人気があるとはいえ、ステンレスのロレックス、それも現行品がそのような価格帯となるのは、プレミア価格だった時代のミルガウス以来のこと。ちなみに、ミルガウスはデビュー翌年にリーマンショックが起こったことにより、180万円台だった新品実勢価格が60万円台にまで急激に下落しています。

ミルガウスは極端な例といえるかもしれません。しかし、他のロレックスに関しても、デビュー当初にプレミア価格となるようなモデルは、極端に値下がりせずとも、デビューから時間が経つに連れて緩やかに値下がりしていくことが多かったのです。

それがこの116710BLNRという存在に関しては、デビューからそろそろ6年の月日が経とうとしている現在でも、相変わらず値上がり傾向となっており、その中古ボトム価格の水準は、なんと130万円台に達しているのです。

2017年においては、中古が100万円以上になったということでも驚くに値する出来事でしたが、今においては130万円台という水準であるのです。

ロレックスGMTマスター2116710BLNRの価格比較

時計名 状態 2018年11月の安値(楽天) 期間 2019年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター2
116710BLNR
中古 ¥1,291,680 0年 ¥1,323,756 32,076 102.48%
130万円台に到達、GMTマスター2…の次ページを見る>>
1 2
- PR -