腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

スヌーピーは目立って上昇、スピードマスター3578.51

近頃、オメガにおいて、限定モデルが目立って値動きしている傾向があります。

通常、限定モデルはあまり目立って値動きするという印象がなく、限定モデルだけが特に値動きするという傾向は、さらに珍しいと感じます。

例えば、ロレックスでも日本限定のオイスターパーペチュアルやターノグラフが目立って評価されていますが、限定モデルでなくとも、評価されるロレックスは多々あります。

しかし、オメガの場合は、目立って値動きするモデルは限定モデルが多いという傾向があるといえる状況なのです。

近頃、数十万円単位という値動きをするオメガはいずれも限定モデル。先日お伝えしたアラスカプロジェクトや、マルイ限定のスピードマスター、ヨーロッパ限定のムーンフェイズなど、いずれも「限定」という要素があるモデルが評価されています。

中でもアラスカプロジェクトは特に評価されたという印象で、2016年の記事では54万円という水準でも「値上がり傾向」だったのに、2018年12月の記事時点では、約124万円という水準に変化しているのです。

さて、このように限定モデルが評価される傾向のオメガですが、今回の記事でお伝えするのもまた目立った値動きをした限定モデルです。

その存在こそ、2003年に5441本の限定モデルとして登場したスヌーピーモデルなのですが、2012年2月時点で約34万円だったのが、2019年1月現在では108万円という水準になっているのです。

オメガスピードマスター3578.51の価格比較

時計名 状態 2012年2月の安値(ヤフオク) 期間 2019年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
3578.51
中古 ¥344,400 6年 ¥1,080,000 735,600 313.59%
スヌーピーは目立って上昇、スピードマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -