腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2ヶ月ぶりに登場、ノーチラス5711/1A-011

2017年から派手な値動きを見せている現行ノーチラス

その中心的存在こそ5711/1Aですが、現在、世界的に大人気モデルという様子があります。

しかし、その人気の主役といえる存在は、2色ある文字盤ラインナップにおいて、青文字盤のほう。

これまで、青文字盤が派手な値動きをしている一方で、白文字盤は影に隠れるように「青文字盤よりはっきり安い」という価格帯に位置していました。

青文字盤は、2018年において500万円台後半という水準に達していましたが、その時期白文字盤は「やっと400万円台になった」といったところ。

つまり、2018年5月頃において、青文字盤と白文字盤は150万円程度の価格差があったのです。

けれども、これまで短期間で派手な値動きを繰り返していた青文字盤のノーチラスは、2018年5月以降値動きが停滞気味。現在に至るまで約9ヶ月の間、500万円台後半という相場となっており、かつての値動きと比べるとずいぶん長らく変化していないといった感想になります。

その一方で、白文字盤はどのような様子となっているかというと、こちらも長らく400万円台という水準から変わっていない感覚がありました。

ただ、ここ2ヶ月の間において、白文字盤には「分かりやすい異変」が発生。

その異変とは、売り出されている中古の個体が0本になったという点です。

これまで白文字盤のノーチラスである5711/1A-011は、常時数本の中古があり、買おうと思えばいつでも手に入るという状況でした。

しかし、2018年12月上旬から、売り出されている個体が0本となり、約2ヶ月間という期間において、入手困難な状況となっていたのです。

そして最近、久々に5711/1A-011の中古が登場したのですが、その水準は500万円台後半となっています。

現在、青文字盤の5711/1A-010のボトム価格が約588万円、白文字盤の5711/1A-011570万円という水準ですから、青文字盤と白文字盤の価格差は“約18万円”となっている様子です。(2019年2月13日現在)

パテックフィリップノーチラス5711/1A-011の価格比較

時計名 状態 2018年9月の安値(楽天) 期間 2019年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5711/1A-011
中古 ¥4,768,750 0年 ¥5,702,400 933,650 119.58%
2ヶ月ぶりに登場、ノーチラス5711…の次ページを見る>>
1 2
- PR -