腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

20万円台で購入可能な復刻版、スピードマスター3594.50

この数ヶ月において、オメガスピードマスターで目立った値動きとなっているモデルをよく目にしますが、そういったモノはレアな要素を持つ「プロフェッショナル」シリーズという傾向があるように感じます。

特に目立った値動きとなっているのは、アラスカプロジェクトやスヌーピーですが、それらはいずれも、70万円以上の値動きをしています。

また、上記モデルでなくとも、ブロードアローのような高級モデルもなかなかの値動きとなっており、2018年まで20万円台だった黒文字盤やオリンピックモデルが、現在では30万円台となっています。

このようなことから、現在におけるスピードマスターは全体的に値上がりしているという印象があるといえます。

しかし、そんなスピードマスターでも、それらとは逆に値下がり傾向となっているモデルが存在します。

ただ、スピードマスターには数がかなり多いモデルもあり、特に新しく登場したモデルや初めての高級腕時計として買われるような存在は、値下がりとなっても不思議ではありません。

けれども、今回お伝えするモデルは、そういった要素を含まない存在。それどころか、レア、マニアックなどという要素を含み、値下がりという印象を感じないモデルだといえます。

その存在こそ、この3594.50であるのですが「ファーストレプリカ」と呼ばれる復刻版のスピードマスターです。

復刻版といえば、最近、スピードマスターでも60周年記念モデルなど、高い価格帯の復刻モデルが人気がある様子ですが、同じ復刻モデルでも、なぜかこの3594.50は値下がり傾向となっており、現在でも20万円台という水準で購入可能なのです。

オメガスピードマスター3594.50の価格比較

時計名 状態 2018年1月の安値(楽天) 期間 2019年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
3594.50
中古 ¥297,000 1年 ¥269,820 -27,180 90.85%
20万円台で購入可能な復刻版、スピー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -