腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年少しで80万円以上の上昇、ノーチラス3800/1A-011

2017年から目立って値動きしているノーチラス

当初から目立って値動きしているのは5711/1Aですが、前モデルの3800/1Aも2018年からは、なかなか派手に上昇する様子が目立つようになってきています。

2017年までにおける、5711/1Aの主な価格帯は200万円台後半という水準だったのに対し、3800/1A100万円後半だったのですが、その価格帯でも3800/1A十分に高くなったと感じたのです。

その理由こそ、3800/1Aが現行だった時代において全く評価されていなかったということなのですが、2002年頃までにおける新品実勢価格は当時の税込価格で90万円程度だったのです。

今となっては、「ステンレスのノーチラスが90万円」とは驚きですが、それは新品価格であり、たまたま安い中古というわけではありません。つまり、欲しいと思ったら、誰もがオファーするだけで、ノーチラスの新品を90万円程度で手に入れることが可能だったわけです。

しかし、その時代において、ノーチラスパテックフィリップにおける不人気モデルの筆頭格だったため、多くの人が「ノーチラスを買いたい」とは思っていませんでした

そして、2005年頃からノーチラスは注目度が高くなり、相場が上昇気味へと変化。中古でも130万円程度となり、値上がり傾向となったのです。

リーマンショック後には値下がり傾向となりましたが、アベノミクス以降は再度上昇。2017年の年頭には190万円前後にまで達しました。

ですから、2017年における3800/1Aの相場は、その時点で過去最高値といえる様子だったといえ、かつての相場を考慮するともう十分高くなったと感じる水準だったのです。

しかし、2019年現在の今、3800/1A200万円以下ということについては、ずいぶん安いと感じてしまいます。

ノーチラスという存在は、今では「腕時計の王様」をデイトナと競うほどの存在感となっています。デイトナも、かつてはポールニューマンが数十万円で買えた時代がありました。しかし、評価されて以降は数十万円という評価に戻ることは今の所ありません。

つまり、ノーチラスという存在も、安く売られていたというのは全くもって過去のことであり、高くなったと思ってもさらに値上がりする可能性があるのです。

そして、そのとおり、この3800/1A白文字盤は、2018年1月には約248万円という水準にまで上昇。

白文字盤は、筆者としては3800/1Aの中で最も好きな色なのですが、相場としては3800/1Aの中で最も安い傾向がありました。

ですから、2018年1月の約248万円という水準は3800/1Aの中でも評価されていないほうの水準なのですが、それでも2016年までの水準と比較して、数十万円単位で上昇していました。

では、それから1年2ヶ月経った今、この3800/1A白文字盤はどのような値動きとなっているのかというと、なんと80万円以上も値上がりしているのです。

パテックフィリップノーチラス3800/1A-011の価格比較

時計名 状態 2018年1月の安値(楽天) 期間 2019年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
3800/1A-011
中古 ¥2,487,000 1年 ¥3,300,480 813,480 132.71%
1年少しで80万円以上の上昇、ノーチ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -