腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

かなりな玄人向けのモデル、ミルガウス1019黒文字盤

90年代後半から、高い価格帯のアンティークモデルとして認識されているミルガウス1019

現行時代は、人気がなかったため、生産終了と同時にシリーズ自体が廃止となったのですが、その後ロレックスブームが発生した際に「幻のモデル」という感覚で、高い価格帯で取引されるようになったのです。

2000年前後という時代の中古相場は、4桁デイトナ(非ポールニューマン)と同等という印象でしたが、その後も目立って値下がりすることはなく、いつの時代でも「高い」という印象があります。

しかし、そういった「高い」というイメージがある一方で、相場を把握しづらい傾向もあります。

特に、ここ数年はその傾向が顕著で、例えば、今でも200万円台から400万円台の個体があるように、同じモデルでも大きく価格が離れる傾向があるのです。

例えば、個人取引で素人が付けた価格なら、そういった現象が起こるのは仕方がありません。けれども、上記の価格はいずれもプロの値付けであり、他の腕時計の値付けを見て分かる通り、いずれもきちんとした価格であるのです。

では、なぜこのような現象がミルガウス1019において起こるのかというと、その原因は大きく3つあると感じます。

  • 生産年
  • 修理書類の有無
  • 文字盤色
  • という3点が価格に大きな影響をもたらすようですが、特に高値の要因となるのは生産年だと思われます。

    1019は、60年代前半から1990年頃まで製造されましたが、60年代に製造されたモデルが特に安い傾向があり、80年代などに製造された個体は高いと感じます。

    また、ロレックスの修理明細書の有無も価格に影響をもたらすのですが、これに関しては他の4桁世代とも同様で、特に1019だけの現象とはいえません。

    文字盤色は、銀と黒がありますが、90年代後半の時代から黒文字盤が特に高い傾向があり、それは2019年現在でも同様だと感じます。

    そしてそれらの組み合わせによって、100万円単位の価格差が生じるため、1019は有名なモデルであるにもかかわらず、相場を見極めるのが難しく、手を出しづらいのだと思います。

    では、この1019はどのような値動きになっているのかというと、各要素を考慮して、比較すると約2年で100万円ほどの値動きとなっている様子です。

    100万円単位の値動きということは、一見凄いようにも感じますが、1019というキャラクターからすると、どのような評価となるのかはきちんと考える必要があると思います。

    ロレックスミルガウス黒文字盤ロレックス修理明細書1019の価格比較

    時計名 状態 2017年3月の安値(楽天) 期間 2019年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    ロレックス
    ミルガウス
    黒文字盤
    ロレックス修理明細書
    1019
    中古 ¥2,698,000 2年 ¥3,780,000 1,082,000 140.10%
    かなりな玄人向けのモデル、ミルガウス…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -