腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

青赤のA番の評価、GMTマスター16700

近頃ニュースの多いGMTマスターシリーズ。

そのような影響からか、値動きするモデルが増えており、特に116710LNとBLNRは、目立って値上がりしています。

また、その他の年代に関しても目立って上昇しているモデルが多い印象があり、いずれにしても、GMTマスターシリーズは、現在における大人気シリーズという印象です。

こういった人気シリーズにありがちなのが、素人にはわからないほどの細かい差が「レア仕様」として高値となる点。

古くは、デイトナ16520200タキメーターP番などが有名ですが、GMTマスター216710にもそういった例に該当する仕様があります。

その筆頭といえるのが、スティック文字盤M番なのですが、前者は“文字盤表記がレア”、後者は“最終年”という特徴があります。

これら特徴を有する16710は有名で、長らく「高いGMTマスター2」という印象があります。

しかし、その一方で同じようなレアさを秘めているもう一つのモデルは、2019年現在でもそこまでの評価となっていないのです。

その存在こそ、GMTマスター16700。「2」は付け忘れではなく、「GMTマスター」というシリーズです。

この16700は、1999年に廃盤となったのですが、同時にGMTマスター」自体が廃止となりました。

そのため、GMTマスターシリーズの人気の高い現在において、何かとツボな要素を持っているため、評価されても不思議ではないと思うところなのですが、意外にも他のモデルに対して大きな差とはなっていないのです。

ロレックスGMTマスター青赤ベゼルA番16700の価格比較

時計名 状態 2017年12月の安値(楽天) 期間 2019年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター
青赤ベゼル
A番
16700
中古 ¥1,099,440 1年 ¥1,201,392 101,952 109.27%
青赤のA番の評価、GMTマスター16…の次ページを見る>>
1 2
- PR -