腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

登場から5年後の評価、ルミノールベースPAM00560

パネライにおいて、最もシンプルなモデルといえば、ルミノールベースですが、ある意味パネライの魅力が凝縮された存在だといえるかもしれません。

余計なものがない2針の文字盤からは、パネライの特徴を強く感じることができ、短歌や俳句のような腕時計だとも感じます。

そういった魅力は、2002年頃パネライがブームとなった時期に注目され、当時の現行モデルだった2番や112番は、一時プレミア価格といえる状況となっていました。

ルミノールベースという存在は、プレヴァンドームの頃から現在までラインナップされているのですが、何度かモデルチェンジを行った結果、ユーザーからすると「どのモデルかわからない」という複雑さを感じる次第となっています。

分かりやすく整理すると、

  • 1997年に登場=PAM00002
  • 2002年に登場=PAM00112
  • 2014年に登場=PAM00560
  • の3つが基本形だといえるのですが、「OPロゴ」や白文字盤など様々な型番があるため、ユーザーからすると分かりづらいのだと思います。

    PAM00002は97年のPreA時代に登場したモデルで、現体制のパネライとしては、最も初期のラインナップの1つとなります。

    99年頃までは、文字盤の発光塗料にトリチウムを採用していたのですが、現在では「トリチウム文字盤」は通常の個体より高い相場となっています。

    PAM00112は、PAM00002を裏スケ化したモデルなのですが、途中でサンドイッチ文字盤に変更となりました。そのため、見た目的には2番に近いものと、そうでないものが存在します。

    そして、PAM00560は、自社製ムーブメントを搭載したモデルで、文字盤上に「8 DAYS」と書かれているのが特徴となっています。

    現在、ルミノールベースの相場は高い順に、『プレヴァンドーム>2番のトリチウム>2番>560番>112番』となっており、2000年以前のモノが特に評価されている傾向があります。

    PAM00560は、自社製ムーブメント搭載ということで、デビュー時の実勢価格は高かったのですが、2017年になるとその水準は中古でも新品実勢価格でも落ち着いていました。

    そして、それから2年経った今、中古はやや上昇している様子なのですが、その相場は大きく変わっていないともいえます。

    中古 【中古】オフィチーネ パネライ ルミノール ベース 8DAYS ACCIAIO Ref.PAM00560 SS(ステンレススチール) 手巻き

    オフィチーネパネライルミノールベースPAM00560の価格比較

    時計名 状態 2017年5月の安値(楽天) 期間 2019年5月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
    オフィチーネパネライ
    ルミノールベース
    PAM00560
    中古 ¥478,000 2年 ¥498,000 20,000 104.18%
    登場から5年後の評価、ルミノールベー…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -