腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

過去最高値水準だが、ヨットマスター16622

1999年に登場したヨットマスターロレジウム。

2010年代前半まで、16622の価格序列は、コンビモデル(デイトナを除く)や緑サブよりも“高い”という水準でしたが、2013年以降では、それらより“安い”という立ち位置になっています。

かつてこのロレジウムは、青サブ(16613)より高級という存在感だった一方、今では青サブより安いというのが当たり前。

むしろ、スポーツ系の中では比較的安く買えるという価格帯となっているように感じます。

ただ、その現在相場は、気づくと約77万円(ABランク以上)という水準。中古としては、筆者が調べた限りですが、過去最高値といえる水準に達しているのです。

以前から指摘しているように、16622は、不思議と相場全体を映し出すような値動きをする傾向がありますが、この約77万円という価格は上記の通り過去最高値といえる水準であるため、まさに現在の中古市場動向を映し出しているようにも感じます。

ですから、16622の値動きは、以前と同じように相場全体を示すような状況だといえるため、相変わらず良い動きだと感じます。

ロレックスヨットマスター16622の価格比較

時計名 状態 2018年7月の安値(楽天) 期間 2019年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター
16622
中古 ¥730,000 0年 ¥776,455 46,455 106.36%
過去最高値水準だが、ヨットマスター1…の次ページを見る>>
1 2
- PR -