腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2019年5月22日更新

値上がり傾向でホワイトとの差が縮まった、J12 H0684

シャネルJ12といえば、2003年に登場したホワイトセラミックが有名ですが、それ以前から存在するブラックセラミックも魅力的だと感じます。

中古相場でも、ブラックはホワイトより安いことが目立ちますが、ブラックセラミックには同じように見えて2つの仕様があるということも、その要因としてあるようです。

J123針自動巻メンズサイズを基準とした場合、ホワイトセラミックはセラミックブレスレットが基本となる一方で、ブラックセラミックにはセラミックのブレスレットに加え、ラバー素材のブレスレットが存在。

それらは見た目が似ているため、写真では気づきづらいのですが、鏡面なのがセラミック、マットな感じなのがラバーというと分かりやすいと思います。

ラバーといえば、「ラバーベルト」を思い浮かべますが、この場合のラバーは「ブレスレット」であるのです。

相場は、セラミックよりラバーブレスレットのほうが安い傾向となっており、ホワイト>ブラックセラミックブレス>ブラックラバーブレスという価格序列になっている傾向が目立ちます。

そんなラバーブレスレットのH0684は、特に2016年から2017年にかけて安い状況となっており、当時は10万円台半ばで購入可能だったのです。

2011年でもこのH0684約17万円。ですから2017年の約15万円という水準は、腕時計が全体的に安かった時期よりも安く購入可能だったのです。

そんなH0684は、2017年2月から2年経った今、なんと値上がり傾向となっており、その水準は20万円台に達している状況。

2017年の水準に限らず、2011年よりもしっかり高くなっているのです。

シャネルJ12H0684の価格比較

時計名 状態 2017年2月の安値(楽天) 期間 2019年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
シャネル
J12
H0684
中古 ¥159,840 2年 ¥216,000 56,160 135.14%
値上がり傾向でホワイトとの差が縮まっ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -