腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2019年5月28日更新

相変わらず2010年水準よりも安い、インヂュニアIW322701

多くの腕時計が高いと感じる今において、ほぼすべての腕時計が値上がり状態だと感じている方もいるでしょう。

しかし、意外にも、リーマンショック後という安い時期と比較して、相場が値下がり傾向であったり、相場が変わっていないという腕時計は多々存在するのです。

そういったモデルは、なにか訳ありというわけではなく、腕時計ファンが重視する性能を兼ね備えながらも、不思議と値動きしない時計があります。

そういった傾向が多く見られるのは、IWCですが、ブランド的にも腕時計作りの観点でも、世界的に人気が高いという印象がある一方で、2010年前後という時代と比較して値動きしてない腕時計が多い傾向があります。

そのようなことは、2017年の記事からお伝えしているのですが、一部のモデルに関しては、2018年頃から値上がり傾向となるものが出てきました。

特に、アクアタイマーGSTや、パイロットウォッチなどはそれに該当します。

しかし、その一方で、相変わらず値動きしていないモデルが存在。

それが、このインヂュニアであるのですが、2年前と比較して約1万円の値下がり状態となっています。

ちなみに、2010年12月においてこのインヂュニアIW322701約39万円という水準だったため、2年前も現在の水準も、現在の水準でも2010年より安く買えるという状況です。

IWC インヂュニア ステンレススチール 自動巻き メンズ 時計 IW322701 【中古】

IWCインヂュニアIW322701の価格比較

時計名 状態 2017年5月の安値(楽天) 期間 2019年5月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
IWC
インヂュニア
IW322701
中古 ¥340,000 2年 ¥329,400 -10,600 96.88%
相変わらず2010年水準よりも安い、…の次ページを見る>>
1 2
- PR -