腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2019年6月13日更新

20万円台になった、シーマスターアメリカズカップ2533.50

ステンレスのスポーツモデルの“ベゼル”にだけ高級素材を使うという文脈は、1999年に登場したヨットマスターロレジウムから認知されたと思いますが、まさにその時代に同じようなコンセプトのモデルがオメガからも出ていました。

それは、シーマスターのアメリカズカップ限定モデルなのですが、ベゼルがWGとなっているのです。

このモデルが登場したのは2000年のことですが、アメリカズカップの認知度が低い日本においても、このモデルは積極的に売られていたと感じます。

当時のドンキホーテは、比較的時計に力を入れて降り、郊外型の店舗でも多数の高級腕時計が展示。そのショーケースの中で、このアメリカズカップはよく見かける存在だったのです。

アメリカズカップはドンキホーテに限らず、当時よく見かけたのですが、シーマスターGMTと並べられて展示されていることが多かったと記憶しています。

GMTやアメリカズカップは、当時のシーマスタープロフェッショナル系において、「新しい世代のモデル」という印象が強く、新品実勢価格も頭一つ高いという印象がありました。

ですから、ちょっと上級なシーマスターという印象だったのが、アメリカズカップなどであり、存在感が高かったのだと感じます。

さて、そんなアメリカズカップは、現在の水準でも、当時のシーマスタープロフェッショナルと比較して高い水準に位置。

また、値動きもしっかりとある状況です。

2018年5月において、この2533.50約17万円という水準だったのが、今では約21万円という水準。

この世代のオメガ10万円台で購入可能という印象があったと感じますが、今では20万円台となっているのです。

オメガシーマスターアメリカズカップ2533.50の価格比較

時計名 状態 2018年5月の安値(楽天) 期間 2019年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
シーマスター
アメリカズカップ
2533.50
中古 ¥178,200 1年 ¥213,840 35,640 120.00%
20万円台になった、シーマスターアメ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -