腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2019年6月18日更新

夏用の腕時計として魅力的、シーマスターGMT2538.20

シーマスターには様々なモデルが展開されていますが、もっともそれを象徴するモデルといえば、プロフェッショナルだといえます。

プロフェッショナルの300mは、90年代からボンドウォッチとしても有名で、青ベゼルと波柄の文字盤が特徴的だと感じます。

そんなプロフェッショナルは、今年新たなモデルが登場し、90年代から数回ものモデルチェンジが行われた様子。

そのため、常に最新モデルが用意されているという印象もあるかと思います。

しかし、2000年前後というロレックスブームの時代において、シーマスター300mにそのような印象を抱くことはありませんでした。

むしろ、300mに対しては長らくモデルチェンジしていないオーソドックスな存在という感覚があったぐらいだといえます。

その頃、新しいシーマスターという印象だったのは、チタンやGMT、WGベゼルモデルといった“アレンジ”という要素を備えるモデルの数々で、それらに対して積極的に次世代のデザインが採用されていたように感じたのです。

そういった存在は、当時の新品実勢価格の中でも高い方の序列に位置し、その頃のムーンウォッチ(3570.50)より高かったのです。

2000年前後という時代、高級腕時計選びの「オーソドックス」なブランドとして、オメガロレックスカルティエブルガリとともに人気がありましたが、その実勢価格の序列は最も安いという位置。

ロレックスの売れ筋が30万円台カルティエブルガリ20万円台だったならば、オメガ10万円台という感じだったのです。

そんなオメガの中で、このGMTのシーマスターは比較的高い価格帯に位置していたわけですが、他のブランドと比べると高くないという価格帯だったといえます。

そのため、夏用用途として良い存在だったともいえるのですが、そういった「カジュアル」を求めるにはやや高いという印象だったのです。

しかし今となっては、他の腕時計の価格帯が2000年前後と異なるため、このGMTの価格に対して「カジュアル」という要素を感じます。

オメガ シーマスターGMT ウォッチ 腕時計/人気 ステンレススチール(SS) 2538.20 ランクA

オメガシーマスターGMT2538.20の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2019年6月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オメガ
シーマスターGMT
2538.20
中古 ¥197,300 1年 ¥209,300 12,000 106.08%
夏用の腕時計として魅力的、シーマスタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -