腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

20万円台で購入可能、スピードマスターブロードアローオリンピック321.10.42.50.04.001

スピードマスターの高級シリーズとして2000年頃デビューしたブロードアロー

その特徴はなんといっても、フレデリックピゲベースのムーブメントを搭載しているという点です。

フレデリックピゲのクロノグラフムーブメントといえば、ロイヤルオークオーバーシーズにも搭載されているように、基本的に定価100万円以上の高級モデル御用達という印象がありますが、それを搭載したスピードマスターブロードアローであるのです。

ブロードアローは、登場した際の定価が50万円台だったため、他のフレデリックピゲ搭載モデルと比較してかなり安価な設定でした。

そのため、中古相場でも、フレデリックピゲ搭載モデルとしては、かなり安い価格帯に位置。2017年頃までは、20万円台中盤で購入可能という存在だったのです。

その際、最も安かったフレデリックピゲのスピードマスターこそ、このオリンピック記念モデルであるのですが、コーアクシャル脱進機搭載という付加価値があるにもかかわらず、初期に登場したブロードアローより遥かに安い価格帯だったのです。

ブロードアローのオリンピックモデルは、2017年5月時点で24.8万円という水準。当時、ブロードアローといえば、最初に登場した3551.20が最も目立っていると感じますが、その3551.20は、その時期約29万円という水準で、それでもフレデリックピゲにしては安いと感じたのです。

ですから、このオリンピックモデルは、フレデリックピゲ搭載モデルとしてはかなり安かったといえます。

しかし、そんなオリンピックブロードアローは、それから1年後の2018年5月に約28.4万円という水準にまで上昇。

2017年5月時点の3551.20に近い価格帯になっていたと感じます。

では、それからさらに1年が経過した2019年の今、このオリンピックブロードアローはどうなったのかというと、約29.8万円という水準。

30万円台になったのかと思いきや、まだ20万円台に留まっているのです。

オメガ スピードマスター ブロードアロー オリンピックコレクション クロノグラフ コーアクシャル 自動巻き メンズ 腕時計 OMEGA 321.10.42.50.04.001

オメガスピードマスターブロードアローオリンピック321.10.42.50.04.001の価格比較

時計名 状態 2018年5月の安値(楽天) 期間 2019年6月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ブロードアロー
オリンピック
321.10.42.50.04.001
中古 ¥284,800 1年 ¥298,000 13,200 104.63%
20万円台で購入可能、スピードマスタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -