腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

とても派手な値動き、ノーチラス5980/1A-014

2019年に入って、ノーチラスの値動きがよりいっそう活発化している印象がありますが、その中でも、特に値動きが派手といえるのがクロノグラフの5980/1Aです。

5980/1Aは、数年前の段階からも、値動きが派手という印象があり、一度に動く額が100万円単位。なおかつそれを何度も繰り返したという傾向があります。

とはいえ、そういった値動きとなっていた5980/1Aでも、2018年までの水準は“高いモデル”でも800万円台後半という水準でした。

この“高いモデル”というのは、文字盤色による差なのですが、以前から5980/1Aで最も高いのは、2010年に登場した5980/1A-014という傾向があります。

逆に、最も安いのは、青文字盤の-001で、-014より100万円程度安いということも珍しくありません。

それが2019年になると、その“安いほう”の青文字盤を基準としても、5980/1Aの中古ボトム価格は、1000万円以上という水準となったのです。

そういったことから、筆者としては5980/1A-014の中古はどのような水準となったのか気になっていたのですが、ここ数ヶ月、-014は中古でなかなか見かけなかったのです。

そして今回、久々に-014が登場したため、記事にすることができたのですが、その水準はやはり青文字盤より高い状況となっています。

さて、そんな5980/1A-014の現在価格は、なんと1480万円となっているのですが、最も安い5980/1A-001でも約1393万円であることから、-014の1480万円という価格は自然だといえます。

パテックフィリップノーチラス5980/1A-014の価格比較

時計名 状態 2018年4月の安値(楽天) 期間 2019年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5980/1A-014
中古 ¥8,780,000 1年
2ヶ月
¥14,800,000 6,020,000 168.56%
とても派手な値動き、ノーチラス598…の次ページを見る>>
1 2
- PR -