腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

40万円台後半に落ち着いた、スピードマスタームーンフェイズ3575.30

2000年頃、スピードマスターに2つの高級志向モデル、ムーンフェイズブロードアローが登場しました。

ムーンフェイズWGベゼル仕様、ブロードアローフレデリックピゲベースのムーブメントを搭載しており、どちらも「上級」という仕様が特徴的となっています。

それら2モデルは、新品実勢価格も、中古相場も似たような水準となっており、そういった現象は、2016年頃まで続いていたといえます。

しかし、2017年頃から、ムーンフェイズの中古売り出し数が少なくなり、その後相場は上昇。

その時期から、ブロードアローより高い中古相場となったのです。

そして、同じ時期においてムーンフェイズに起こった変化がもう一つありました。

それは、銀文字盤の3575.30よりレアになるという現象です。

ムーンフェイズには、白文字盤と銀文字盤が存在したのですが、銀文字盤の3575.30は「ヨーロッパ限定」と言われています。

とはいえ、日本では平行輸入品が珍しくなく、2005年の段階では、白文字盤と同じ価格で新品が売られていました。

そんな銀文字盤は、その後も白文字盤と大きく価格帯が変わるということはなかったのですが、2017年末頃から白文字盤と異なる水準へと変化したのです。

特に大きく変化したといえるのが、2018年夏頃だったのですが、当時、銀文字盤は50万円台半ばにまで上昇していました。

2017年6月において、この3575.30約36万円という水準だったため、2018年6月時点の水準は、派手に値動きしたという印象でした。

また、この3575.30は、2016年まで30万円前後という印象があったため、2017年6月時点の約36万円という中古水準も、過去最高値といえるぐらいのインパクトがあったことになります。

ちなみに、筆者は、この時計を2005年に友人に勧め、友人はこれを24.8万円で新品購入しています。

そのため、このような値動きは、筆者としても、友人に良いアドバイスをしたと自負していたのです。

しかし、それから1年経った今、3575.30値下がり傾向となってしまっています。

オメガスピードマスタームーンフェイズ3575.30の価格比較

時計名 状態 2018年6月の安値(楽天) 期間 2019年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ムーンフェイズ
3575.30
中古 ¥558,000 1年 ¥483,840 -74,160 86.71%
40万円台後半に落ち着いた、スピード…の次ページを見る>>
1 2
- PR -