腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

300万円台になった、デイトナ116515LNチョコレート文字盤

デイトナ初のセラミックベゼルモデルとして2011年にデビューした116515LN

116520が現行だった時代から、既に次世代のデイトナとして存在していたわけですが、当時の印象としては、新しいというよりも、変わり種デイトナというイメージがあったかもしれません。

そういった異色さは、文字盤ラインナップからも感じることができ、そのイメージの象徴といえるのが、まさにこのチョコレート文字盤だといえるでしょう。

ロレックスの文字盤色は、116515LN以前のイメージだと「ブラック」や「ブラウン」という名称が一般的だったのに対し、この文字盤には「チョコレート」という遊び心のある名前がつけられたのです。

そのようなことが影響してか、116515LNの相場はデビュー時から高く、2015年8月の時点で約267万円という中古水準でした。

2015年といえば、腕時計が全体的に高い印象の時代ですが、その時期でも116520110万円程度という水準。ですから、116515LNはかなり高い水準だったといえます。

そんな116515LNですが、2016年夏頃に多くのロレックスが安くなった際は、大きな値下がりとなっています。

2015年8月に約267万円だったのが、ちょうど1年後の2016年8月には207万円にまで下落。実に60万円ほどの値下がりとなったのです。

その後116515LNは回復傾向となり、2017年12月には約258万円にまで回復。ただ、それでも2015年8月の水準にまでは戻りませんでした。

結局、116515LNが2015年の水準を超えたのは、2018年5月になってからのこと。その際、約272万円という水準になっています。

ただ、このように過去の相場を超えたという場合、一度超えてしまうと、その後は値動きが活発化するという傾向があると感じます。

例としてすぐに思う浮かぶのは、アクアノート5167/1Aですが、2018年頃までは「2014年が最も高かった」という状況だったのが、2018年5月に2014年の水準を上回って以降、快進撃ともいえる上昇となりました。

では、116515LNのチョコレート文字盤はどうかというと、やはり値動きが続いている様子です。

2019年1月に285万円だった116515LNは、今では約302万円。ついに300万円台という水準に達しているのです。

【大阪戎橋店】【中古】ROLEX ロレックス 116515LN デイトナ チョコレートブラウン文字盤 750RG×クロコレザー AT ランダム品番

ロレックスデイトナチョコレート文字盤116515LNの価格比較

時計名 状態 2019年1月の安値(楽天) 期間 2019年7月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
チョコレート文字盤
116515LN
中古 ¥2,850,000 0年 ¥3,024,000 174,000 106.11%
300万円台になった、デイトナ116…の次ページを見る>>
1 2
- PR -