腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

100万円以上の水準、ルミノールクロノPAM00052

1999年に限定モデルとしてデビューしたパネライのクロノグラフモデル、PAM00052

このモデルが、パネライ初のクロノグラフだといえますが、他の2つの限定モデルと、同時にデビューしています。

1999年にデビューした他のモデルは、1つが同じルミノールのWGモデル、もう一つがヴィーナスムーブメントを搭載したラジオミール。他の2つが高級かつ希少すぎて、あまり有名でないのに対し、この52番は、同じコンセプトの72番が2002年まで製造されたため、そこそこ知られているといえます。

バリエーションの中には、141番といったフライバッククロノなどもありますが、そういったモデルは、2002年のパネライブームの際、デイトナを凌ぐほどの「憧れのクロノグラフ」という印象があったといえます。

また、デイトナといえば、16520エルプリメロを搭載していることで有名ですが、この時代のルミノールも同様にエルプリメロ

ですから、なにかとデイトナと共通したキャラクターを持つ時計だといえます。

実際、2011年の相場は、16520黒文字盤もPAM0005280万円台後半といった水準で、ほぼ同じ相場でした。

しかし、アベノミクス以降、デイトナが大きく値上がりしたのに対し、ルミノールクロノの値動きは、むしろ値下がり傾向となっていたのです。

2016年の時点では、16520の黒文字盤が120万円程度だったのに対し、PAM0005260万円台という状況。

過去の相場の印象としても、時計自体のキャラクターでも、2016年7月の水準は安すぎるという印象になりますが、そのとおり、2017年には80万円台後半まで回復していたのです。

しかし、その後このPAM00052の相場は読み取るのが難しい状況へと変化。数が少ないこともあって、出るたびにバラつきがあるという印象でした。PAM00072を参考値としても、その水準は、あるときは90万円台、あるときは70万円台といったように、値上がりか値下がりかを判断するのは困難だったのです。

とはいえ、PAM00052のほうは、72番ほどの安値とはなっておらず、基本的には2017年の水準から大きく下がるということはなかった様子。

登場する個体が少なく記事化できずにいたのですが、今回久々に登場した52番を見ると、その水準は100万円以上になっているといえます。

PANERAI パネライ ルミノール クロノ エル・プリメロ PAM00052 中古 329898

オフィチーネパネライルミノールクロノPAM00052の価格比較

時計名 状態 2017年5月の安値(楽天) 期間 2019年7月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールクロノ
PAM00052
中古 ¥898,800 2年 ¥1,080,000 181,200 120.16%
100万円以上の水準、ルミノールクロ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -