腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

7ヶ月で70万円以上の上昇、ノーチラス5711/1A-011

2017年以降目立った値動きとなっているノーチラス

特に目立った様子だといえるのが現行世代ですが、中でも値動きが顕著なのが3針の青文字盤だったといえます。

ただ、こういった様子は2019年になるとやや変化を感じるようになっており、今では3針よりもコンプリケーションの値動きのほうが目立つ傾向があるといえます。

そんなノーチラスの3針ですが、決して値動きしていないわけではなく、また、これまであまり目立った動きとはいえなかった白文字盤に関しても、かなりな動きとなっているわけです。

白文字盤のノーチラス5711/1A-011といえば、これまで青文字盤に隠れてしまうような動きとなっており、例えば、青文字盤が500万円に迫る勢いとなっていた時代においても、依然300万円台に留まっていたなど、値動きしないという印象があった時代もあります。

しかし、2018年4月に400万円台となって以降、5711/1A-011もなかなか目立った動きへと変化。ただ、この時点では、青文字盤の後に続くような動きという様子だったのです。

それが、2019年になると5711/1A-011には変化の兆しが現れ、2月中旬まで、2ヶ月に渡って中古売り出しが“0”という状態となっていたのです。

それまで5711/1A-011は、中古売出しがゼロになるということはほぼなく、「いつでも購入可能」という印象があったといえますが、この時点では「買いたくても買えない状態」となったわけです。

そして、それから白文字盤の値動きは以前とは変わり、青文字盤並に派手な値動きといえる様子となりました。

特に2月時点では、青文字盤との価格差が約18万円にまで狭まっていたため、かつてのように「青文字盤と大きく違う価格帯」という状況ではなくなったのです。

また、6月時点でも、「4ヶ月間で110万円以上の値動き」となり、やはり白文字盤は目立って値動きしている状態でした。

さて現在、その6月から1ヶ月が経過したわけですが、この5711/1A-011はどのような様子となているのでしょう。

現在、5711/1A-011は、なんと758万円という水準。

なんと、約1ヶ月という期間で、73万円もの上昇となっているのです。

48回払いまで無金利 パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-011 中古 メンズ 腕時計

パテックフィリップノーチラス5711/1A-011の価格比較

時計名 状態 2018年6月の安値(ヤフーショッピング) 期間 2019年7月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5711/1A-011
中古 ¥6,850,000 0年 ¥7,580,000 730,000 110.66%
7ヶ月で70万円以上の上昇、ノーチラ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -