腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年で50万円以上の上昇、ロイヤルオーク15300ST.OO.1220ST.01

2005年にデビューしたロイヤルオーク15300ST

比較的年式の新しいロイヤルオークでありながら、今年15500が登場したことにより、すでに2世代前となってしまいました。

ただ、ロレックスパテックフィリップと比べるとロイヤルオークのモデルチェンジスパンは早いため、モデルチェンジの全てが「世代交代」というように捉えないほうが良いかも知れません。

実際、今年登場した15500は、見た目などの変更がそこそこあった一方、15300と15400の主な違いはケースサイズだけともいえます。

そういった意味では、2005年に登場した15300と、2012年に登場し、今年まで現行だった15400は、同じ世代だといえるわけですが、そうすると、これらロイヤルオークの生産期間が14年程度となるため、1つの世代としてしっくりくる年月だと感じます。

さて、15400STといえば、最近目立った値上がり状態だということをお伝えしていますが、15300のほうも負けていない様子です。

2018年7月、15300ST.OO.1220ST.01は185万円という水準だったのですが、2019年8月現在では約237万円という水準。

約1年という期間で52万円ほどの値上がりとなっているのです。

AUDEMARS PIGUET オーデマピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.01 中古 322221

オーデマピゲロイヤルオーク15300ST.OO.1220ST.01の価格比較

時計名 状態 2018年7月の安値(楽天) 期間 2019年8月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15300ST.OO.1220ST.01
中古 ¥1,850,000 1年 ¥2,376,000 526,000 128.43%
1年で50万円以上の上昇、ロイヤルオ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -