腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

4ヶ月で8万円以上の値上がり、ミルガウス黒文字盤116400

2007年に電撃復活を遂げたミルガウスは、デビュー当初“超プレミア価格”という状態なったものの、翌年のリーマンショックの影響により、驚異的な値下がりを遂げたという稀有なモデルです。

また、2013年のアベノミクス後もあまり目立った値動きをせず、2017年頃までにおけるその値動きは10万円程度という感じであり、他のスポーツロレックスとは異なり、あまり値上がりしていなかったのです。

そして、その後もミルガウスは目立った値動きをすることはなく、2014年に登場したZブルー文字盤を除くと、2007年デビューのモデルは、目立った値動きをしない傾向だったといえます。

しかし、2018年に116400GVの黒文字盤が上昇。2007年デビューとしては唯一目立った値動きとなり、116400に差を着けた印象がありました。

116400は黒も白文字盤も現在では生産終了となっている一方、116400GVは今でも現行モデル。生産終了モデルが高くなる一方で、現在目立った値動きをするのは現行モデルという印象もあります。また、デビュー当初は180万円程度という価格帯に位置し、最も高いSS現行ロレックスという存在でもありました。

そういった意味では、116400GVには、値動きしても不思議でない要素があるため、高くなったことについてあまり違和感がないともいえるのですが、最近の事情はまた変わってきてる様子であるのです。

なぜなら、現在、116400が大きく上昇しており、その相場は116400GVあまり変わらない水準にまで変化。

2018年の段階では10万円近くの価格差があったのが、今や116400黒文字盤との価格差は2万円程度にまで縮まっているのです。

黒文字盤の116400といえば、4月時点では、「2018年からの1年で変化がない」といった様子だったのですが、それから4ヶ月の間で大きな変化を迎えた模様。

4ヶ月前には60万円台前半だった116400黒文字盤は、今や約72万円という水準になっており、“4ヶ月で8.5万円の値上がり”となっているのです。

ロレックス 116400 オイスターパーペチュアル ミルガウス メンズ SS オートマ M番 黒文字盤

ロレックスミルガウス黒文字盤116400の価格比較

時計名 状態 2019年4月の安値(楽天) 期間 2019年8月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
黒文字盤
116400
中古 ¥636,120 0年 ¥721,440 85,320 113.41%
4ヶ月で8万円以上の値上がり、ミルガ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -