腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

パネライとは何かを語りかけるモデル、ラジオミールPAM00232

90年代にリシュモン入りしたパネライが、その「パネライ」という世界観を1本の時計で世の中にアピールしたといえるわけなのですが、その時計こそPAM00021というモデルです。

PAM00021は、ロレックスのデットストックムーブメントを搭載し、47mmという巨大サイズ。それでいてプラチナ製という内容でした。

ロレックスのデットストックムーブメントを搭載する時計が珍しいのはもちろん、そのムーブメントを搭載する歴史の正当性も存在し、さらにそれを当時見慣れない巨大サイズで制作するというインパクトはなかなかのものだったといえます。

この巨大サイズも、単に奇をてらっただけでなく、軍用時代の名残という正当性があるため、まさにこのPAM00021は、このモデル1つで「パネライとはなにか」を語りかけたといえます。

しかし、そんな特殊なモデルの流通本数は少なく、高価格であるということを除いたとしても、入手難易度はなかなか高いというのが現実です。

パネライといえば、2002年頃から日本では時計に詳しい人を中心に流行しましたが、2000年代半ばともなると、多くの人にそのブランド名が知られていた様子でした。

そのような時代において、パネライはもう一度PAM00021の記憶を蘇らせるかのように、PAM00021の復刻モデルともいえる存在をデビューさせたのです。

それこそが、このPAM00232という存在であるのですが、これは21番の見た目をそのままに一般化させたようなモデル

同じ見た目ながら、ケース素材はステンレスで、ベースムーブメントはETA(ユニタス)を採用。

ただ、通常モデルとしての販売ではなく、限定版として特別販売したため、その存在感はかなり高いともいえます。

ですから、価格帯はSSラジオミールとしてはなかなか評価されている水準にいつの時代でも位置しており、長らく60万円台後半という傾向がありました。

しかし、2018年になると60万円台前半の個体が登場したりするなど変化した様子となっていたのです。そして、ついに12月になると50万円台の個体が出現。

その時点では、60万円台後半を大きく下回る個体が複数あったため、値下がり傾向といえる様子だったわけです。

そんな232番は2019年の今、どのような状況となっているかというと、やや回復傾向となっている様子です。

オフィチーネパネライラジオミールPAM00232の価格比較

時計名 状態 2018年12月の安値(楽天) 期間 2019年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00232
中古 ¥598,000 0年 ¥630,000 32,000 105.35%
パネライとは何かを語りかけるモデル、…の次ページを見る>>
1 2
- PR -