腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2019年9月9日更新

誰にも知られていない、ピアジェポロGOA26019

雲上ブランドといえば、パテックフィリップオーデマピゲヴァシュロンコンスタンタンですが、ピアジェもそれに匹敵する高級ブランドだといえます。

しかし、世間的には、未だピアジェのイメージは「宝飾ブランド」であり、古くからのマニュファクチュールであると知っているひとはまだ少ないと感じます。

実際、宝石も売っているわけですから、宝飾ブランドという側面があることに違いはありません。

そういった意味では、宝石も腕時計も強い稀有なブランドといえるわけですが、腕時計ファンからの支持は低く、結果的にピアジェ中古はあまり評価されていない状況が続いているといえます。

実際、ピアジェのラインナップは、独特で、いわゆる高級腕時計ブランドとは別ベクトルに存在するという感想にもなります。

人気の高い型番高級品というよりも、オートクチュールといった感じだといえますが、これは超高級といえる反面、売却しづらい要素でもあります。

実際、ピアジェのラインナップは、年々変化し、パテックフィリップロレックスのような「有名モデル」はあまり多くありません。

とはいえ、「ポロ」という存在は、そんなピアジェの中でも比較的わかりやすいモデルだといえ、人気モデルにあるべき要素を持っているとも感じます。

ポロは1970年代に登場したスポーツモデルなのですが、ロイヤルオークなどに触発されて登場したモデルだと考えられます。

そういったモデルは、他にもノーチラスやヴァシュロンの222などがありますが、ポロの場合、それらとは異なりステンレスではなくK18にこだわっていました。

デザインもノーチラスロイヤルオークのような強い特徴があり、それは70年代から2000年代のモデルへときちんと継承されていました。

ですから、ポロは、ノーチラスロイヤルオークと共通した要素があるわけで、その濃いキャラクターや、「知る人ぞ知る」という立ち位置から、ノーチラスの次に買うモデルとなっても不思議ではありません。

しかし、2019年の今になっても、結局ポロが評価されるということにはなっていないようなのです。

2001年に登場したポロは、初代ポロの要素を21世紀的にリファインした魅力的な存在ですが、2016年9月と比較して50万円以上も安くなっている様子。

2016年9月といえば、多くの腕時計が安い時期ですから、その時点と比較して値下がりというのは、かなり評価されていないという印象になります。

ピアジェポロGOA26019の価格比較

時計名 状態 2016年9月の安値(楽天) 期間 2019年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ピアジェ
ポロ
GOA26019
中古 ¥1,970,000 3年 ¥1,449,000 -521,000 73.55%
誰にも知られていない、ピアジェポロG…の次ページを見る>>
1 2
- PR -