腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2ヶ月で28万円ほどの下落、GMTマスター2 126710BLRO

2018年に華々しくデビューしたGMTマスター2126710BLRO

11年ほどに渡って終了状態となっていた、“SSの青赤”“ジュビリーブレスレット”という要素を復活させ、多くの時計ファンの間で話題となった存在です。

それだけ目立った存在であるため、正規店での入手難易度は高く、その新品実勢価格は、定価に対して随分なプレミアムとなっていました。

デビューした2018年11月頃の新品実勢価格は約197万円(安い順の3社平均値)だったのですが、2019年7月になると、中古のボトム価格が約209万円。かなり目立った上昇となっていたのです。

7月の水準は、まさに「デビュー時の新品実勢価格より高い」という状況ですが、これだけ注目度もプレミアムも高かった126710BLROの新品実勢価格をデビュー翌年の中古相場が上回るというのは、ハードルは低くなかったといえます。

そういった意味では、126710BLROの人気度は、2007年のミルガウスもびっくりなほどだったといえるわけです。

プレミア価格になるロレックスは最近珍しくありませんが、このGMTマスター2のような注目度は、デイトナを除くとあまり多くありません。

さて、そんな126710BLROという存在ですが、7月の記事でお伝えした時点では値上がり傾向だったのが、9月現在の今では、なかなかな値下がりへと変化。

現在、126710BLROの中古は約181万円で購入可能であるのですが、これは7月と比べて28万円ほど安く購入可能であるのです。

ロレックスGMTマスター2126710BLROの価格比較

時計名 状態 2019年7月の安値(楽天) 期間 2019年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター2
126710BLRO
中古 ¥2,095,000 0年 ¥1,812,650 -282,350 86.52%
2ヶ月で28万円ほどの下落、GMTマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -