腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

32万円ほどの上昇、ノーチラス黒文字盤3800/1A

1997年頃登場した黒文字盤のノーチラス

特殊な機構のパワーリザーブインジケーターを搭載した、ジャンボサイズの3710/1Aとともに、3800/1Aにもこのデザインの黒文字盤がラインナップされましたが、当時としては、「新しい時代のノーチラスという印象でした。

伝統的なノーチラスといえば、エンボス加工がされた青文字盤が特徴的で、近年ではそれが最も人気という傾向があります。しかし、2000年前後といった時代では、「古臭い」という印象があり、あまり人気が無かったのです。

それに対して、この黒文字盤は、新しいという印象。まさに、21世紀のノーチラスという感覚がありました。

今とは違い、ノーチラスの注目度が低かった2000年前後という時代、ノーチラスを取り扱うお店は限られていましたが、たまに見かけるノーチラスのほとんどは、この黒文字盤だったといえます。

しかし、その後パテックフィリップは、再度青文字盤をノーチラスの中心的存在に戻し、それが今では大人気という様子。

2000年前後という時代では、あまりレア感の無かった黒文字盤ですが、2019年の今となっては、逆に珍しいと感じるようになっているといえます。

実際、3800/1Aの黒文字盤は、

  • マットな黒文字盤
  • ローマンインデックス
  • リーフ針
  • という要素があるわけですが、これは他のノーチラスでは「ありえない」アイテム。やはりレアだと感じるわけです。

    そのようなレア感からか、この3800/1A黒文字盤は、近年目立って評価されている様子があります。

    2019年といえば、上半期は目立って上昇したモデルが多かった反面、7月以降は値下がりするモデルが目立っていますが、この3800/1A黒文字盤は上昇傾向という状況です。

    パテックフィリップノーチラス黒文字盤3800/1Aの価格比較

    時計名 状態 2018年10月の安値(楽天) 期間 2019年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    パテックフィリップ
    ノーチラス
    黒文字盤
    3800/1A
    中古 ¥3,380,000 0年 ¥3,706,920 326,920 109.67%
    32万円ほどの上昇、ノーチラス黒文字…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -