腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2019年6月以降も上昇、サブマリーナ116619LB

2019年7月以降、現行世代を中心に多くのロレックスが値下がり傾向となっています。

2019年上半期において、多くのロレックスは、それまで以上に目立った上昇をしていたため、ピークは6月頃だったということになります。

しかし現在、そんな現行世代の中でも2019年6月と比較して上昇しているモデルが存在。

それが、この116619LBなのですが、現在、約318万円という水準となっています。

2019年6月時点では309万円だったため、3ヶ月で10万円近い上昇ということになるのですが、同じ期間で値下がりしたモデルが多いだけに、意外な値動きといえるかと思います。

このような値動きをしていることから、116619LBは2019年に生産終了になったのかと思ってしまうほど。

実際、生産終了にはなっていない様子ですが、GMTマスター2など2000年代後半にデビューしたモデルが終了となった今、2008年デビューの116619LBも生産終了となったのではと勘違いしてしまいます。

サブマリーナといえば、116610LVが6月頃まで目立った上昇となっていましたが、そちらも生産終了にはなっていないモデル。生産終了となったGMTマスター2116710BLNRと同じような値動きをしていたため、今年のサブマリーナ事情については、生産終了という要素が無くても目立った上昇する傾向があったといえます。

しかし、そんな116610LVは、今となっては6月時点より10万円以上の下落状態。他の人気モデルと同様値下がりしているのです。

それに対して116619LBは、6月と比較して値下がりどころか値上がり傾向

まして、2019年3月にも上昇傾向となっていたため、他の人気モデル同様「上半期に上昇」という傾向があるのです。

そういった傾向があるにも関わらず、6月以降も上昇傾向となっている116619LB。この時計は、まさに今、稀有な動きをする存在だと感じます。

ロレックスサブマリーナ116619LBの価格比較

時計名 状態 2019年6月の安値(楽天) 期間 2019年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
サブマリーナ
116619LB
中古 ¥3,090,000 0年 ¥3,188,000 98,000 103.17%
2019年6月以降も上昇、サブマリー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -