腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

消費増税を考慮しても値上がり傾向、ヨットマスター2 116681

スポーツ系の最高級というポジションのヨットマスター2は、フォーマル系最高級のスカイドゥエラーと同じく、複雑機構を有するロレックス

オイスター系では、このヨットマスター2登場時まで複雑機構がなかったため初のコンプリケーションモデルといえるわけで、前代未聞なその存在感は、これまで「高い最新モデル」という印象がありました。

実際、ヨットマスターの価格序列は、同世代かつ同じ素材の他モデルと比べると、最も高く、実名ともにまさに最高級という印象があったわけです。

しかし、それはすでに過去のこと。

2017年から16520などを中心に多くのロレックスが上昇した際、ヨットマスター2はなぜかあまり大きな変動とならず、その結果、価格序列が変化したわけです。

例えば、ステンレスの116680の場合、それまでデイトナ116520より高い価格帯に位置していたのが、2018年からは116520より安い水準に変化。今では116520のほうが高い時計というイメージがあるといえます。

そういったことからなのか、2019年1月という時期においても、ヨットマスター2のコンビモデル、116681値下がり傾向となっており、当時他のロレックスが目立った上昇をするなか、反対に値下がりしている様子でした。

2019年といえば、7月以降の値下がり印象が強いですが、上半期についてはかなりな上昇となっていました。そういった時期において、116681は値下がりしていたわけです。

しかし、10月の今、他の時計の値下がりが目立つ中で、116681は値上がり傾向へと変化。

現在、116681約212万円という水準なのですが、消費税率8%⇒10%を考慮しても、10万円以上の上昇となっているわけです。

【中古】 ロレックス メンズ ヨットマスターII (Ref:116681) ホワイト

ロレックスヨットマスター2116681の価格比較

時計名 状態 2019年1月の安値(楽天) 期間 2019年10月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター2
116681
中古 ¥1,987,750 0年 ¥2,128,000 140,250 107.06%
消費増税を考慮しても値上がり傾向、ヨ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -