腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

6月と比べて32万円程度の下落、デイトナ116500LN白文字盤

ステンレスのデイトナといえば、「腕時計の王様」と言われるように、いつの時代も大人気モデルの中心的存在という印象があります。

16520以降、黒文字盤と白文字盤をラインナップするSSデイトナは、この20年ほどの間において、黒文字盤人気が高かったわけなのですが、この116500LNからは「白文字盤が最も人気」となりました。

ですから、116500LNの白文字盤こそ、現代の人気モデルの中心的存在といえるわけなのですが、その印象の通り、これまで目立った上昇傾向が続いていました。

デビュー年である2016年の新品実勢価格(安い順の3社平均値)は194万9333円だったのですが、その翌年2017年の中古相場は、それよりも高い水準となりました。

そして、それ以降もそういった傾向は変わらず、2019年6月には、中古ボトム価格が約288万円という水準にまで達していたのです。

従来、SSデイトナの新品実勢価格は高くても150万円程度という印象があったため、2016年時点の116500LNは、過去のデイトナと比べて最高値状態といえたわけで、当然ながら当時は「高い!」という印象があったわけです。

ちなみに、116520の場合、デビュー時の新品実勢価格は155万円(黒文字盤、税込)でしたが、その後は値下がりしています。

デビュー時の新品実勢価格を中古が上回ったのは2018年になってからのことであるため、それまでの常識では「人気モデルは、デビュー時の実勢価格が最も高い」というイメージがあったわけです。

しかし、116500LNは、デビューした2016年より2017年のほうが高く、それ以降も値上がりが続きました。

そういったことから、デイトナ116500LN白文字盤は、まさに最強の腕時計といえたのですが、そんな白文字盤でも、2019年7月以降の値下がりトレンドには同調している様子となっています。

これまでデビュー以降値上がりが続いていた116500LN白文字盤ですが、現在の中古ボトム価格は約255万円という水準。これは、6月と比べて32万円程度の下落ということになるのです。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN

ロレックスデイトナ白文字盤116500LNの価格比較

時計名 状態 2019年6月の安値(楽天) 期間 2019年10月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
116500LN
中古 ¥2,886,470 0年 ¥2,559,000 -327,470 88.66%
6月と比べて32万円程度の下落、デイ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -