腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

値下がりが続いている様子、ルミノールマリーナPAM00298

パネライのブレスレットモデルは、1999年に登場したPAM00050(51番と同時デビュー)が初といえますが、その50番こそ、初期のパネライにおいて、最も人気というキャラクターだった存在です。

新品実勢価格が定価よりも高かった時期があったのはもちろん、メーカー自身も広告で50番を積極的に推すなど、力を入れていた模様です。

当時は、「定価より高い」という現象がユーザーにとって真新しいものであり、そういったものは、デイトナエクスプローラーぐらいという印象がありました。

そのような時代において、PAM00050プレミア価格となっていたわけですから、かなり存在感があったことになります。

ちなみに、市場での人気度とメーカーが推しているモデルは、今では一致するということが珍しくありませんが、2000年代前半といった時代には、メーカー側が推しているモデルと、市場での人気モデルはあまり一致していなかったように思います。

50番は、パネライが注目された初期の時代に、大人気モデルというポジションだったものの、その後、パネライの大人気モデルは、当時の廉価モデル(44mm手巻き)にシフト。ブレスレットモデルが44mmにも展開されるなどのニュースがありましたが、以後、ブレスレットモデルの存在感は年々低くなっていった印象です。

そして、2009年にはブレスレットモデルを一新し、その形状が変化したのです。

その際、50番の後継といったキャラクターで登場したのが、このPAM00298なのですが、50番を新型ブレスレットにしたような印象があります。

ブレスレットの形状は、50番のほうが凝っているため、時計ファンからの評価も高いのではと感じるところですが、これまで中古市場では、298番のほうが明らかに高い傾向がありました。

しかし、PAM00298は2016年以降、値下がりが続いている様子であるのです。

そういった値動きは、2019年の今でも変わることがないようで、2年前と比較して6万円ほどの下落となっています。

パネライ PANERAI ルミノール マリーナ 40mm PAM00298 中古 時計 メンズ

オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00298の価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2019年10月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールマリーナ
PAM00298
中古 ¥558,000 2年 ¥497,700 -60,300 89.19%
値下がりが続いている様子、ルミノール…の次ページを見る>>
1 2
- PR -