腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

デビュー時の価格帯に近い状態、シーマスター212.30.41.20.03.001

スピードマスターともにオメガの「プロフェッショナル」を担うシーマスター。前者がロレックスデイトナと比較されるならば、こちらはサブマリーナと比べられる傾向があるといえます。

スピードマスターはクロノグラフ、シーマスターダイバーズウォッチであるため、そのような比較は90年代の段階から雑誌などで見受けられました。

当時から、オメガロレックスでは、その価格帯が随分異なりますが、ムーンウォッチとデイトナは、なんとなく「ライバル」という印象があり、デイトナを所有している人でもコレクションの1つとして持っている確率がそこそこ高いとも感じます。

しかし、シーマスターのほうはどうかというと、サブマリーナほどの存在感がないようにも見え、特に最近はそういった傾向が強いと思います。

それには、はっきりとした理由があるわけで、一言でいえば「モデルチェンジの頻度」に尽きるわけです。

同じ「プロフェッショナル」でも、スピードマスターは90年代後半にデビューした3570.50から、見た目が全く変わっていない一方で、シーマスターのほうはその間何度も見た目が変わっているのです。

現行モデルは、波模様の文字盤ですが、その1つ前のモデルには波模様がありませんでした。

また、そのモデルからセラミックベゼルが採用され、“今どき”な見た目となっています。

2000年前後といった時代では、ムーンウォッチ並に注目度が高かったシーマスタープロフェッショナルですが、モデルチェンジを繰り返していくうちに、認知されにくくなってしまったのではないでしょうか

そういったこともあって、最近のシーマスタープロフェッショナルは、以前と比べるとマニアックな選択という印象もあり、中古流通もそこまで多くありません。

また、数年前までは、現行モデルの場合、中古相場と新品実勢価格の価格差があまりないという傾向もあり、値動きもあまり目立たない様子がありました。

ただ、シーマスターは2018年に新型にモデルチェンジされたため、1つ前のモデルは今や生産終了となっています。

そのようなことから、212.30.41.20.03.001は、2年前と比較してやや値上がりしている傾向があるのです。

オメガ シーマスター 中古 300m プロフェッショナル 212.30.41.20.03.001 自動巻 メンズ 腕時計 gi

オメガシーマスター212.30.41.20.03.001の価格比較

時計名 状態 2017年11月の安値(楽天) 期間 2019年11月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オメガ
シーマスター
212.30.41.20.03.001
中古 ¥248,000 2年 ¥286,000 38,000 115.32%
デビュー時の価格帯に近い状態、シーマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -