腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

キャリバー240の40周年記念モデル、カラトラバ6006G-001

パテックフィリップの6000といえば、5000の後継モデルとして名の通ったカラトラバだと思います。

前モデルの5000が『3000番代⇒5000番代』の先駆けとなったように、この6000もまさに『6000番台』の最初のモデルといえます。

5000と6000は、同じようなケースデザインであったり、両者とも4時位置にスモールセコンドが付くなど共通点が多いですが、6000にはポインターデイトが備わっているため、見た目的には大きく異なる印象だといえます。

ちなみに6000Gは、プリントタイプのインデックスであるなど、文字盤要素が5000Gに共通。5000G5000の中でも初期モデルに当たりますが、6000でも同じくWGの6000G-001が初期モデルとなっています。

現在、5000140万円台、6000は190万円台という水準に位置しており、両者とも200万円以下という水準。両者ともキャリバー240を搭載するモデルとしてはなかなか安い価格帯で購入可能という印象です。

キャリバー240といえば薄型の自動巻ムーブメントですが、パテックフィリップは同じ時代において、2つの自動巻ムーブメントを用意する傾向があります。

324や315などは通常サイズのローターを搭載し、センターセコンド仕様であるのに対し、240にはマイクロローターが搭載。240は、薄さを重視したモデルに搭載される傾向があります。

そしてこのキャリバー240こそ、パテックフィリップの中でもかなり長寿であり、2017年に40周年を迎えています。

その際、それを記念するモデルとして登場したのが、この6006G-001であるのですが、一見するとリファレンス番号も、その見た目も、6000にそっくりであるため、見落としてしまうかもしれません。

しかし、その相場は、はっきりと6000Gとは異なるため、中古相場的にはかなり目立っている1本といえるでしょう。

実際、6000G-001約199万円という水準であるのに対し、6006G-001のほうは約265万円という水準です。

パテック・フィリップ カラトラバ(6006G-001)PATEK PHILIPPE

パテックフィリップカラトラバ6006G-001の価格比較

時計名 状態 2018年11月の安値(楽天) 期間 2019年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
カラトラバ
6006G-001
中古 ¥2,970,000 1年
0ヶ月
¥2,651,204 -318,796 89.27%
キャリバー240の40周年記念モデル…の次ページを見る>>
1 2
- PR -