腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2019年の様子、ルミノールマリーナPAM00069

ここ数年、パネライは比較的初期世代のレアモデルが値上がり傾向となっている印象がありますが、まさにこのPAM00069もそういったものに該当するといえます。

この69番という存在は、1999年にデビューした50番などの青文字盤モデルといえるのですが、このモデルだけオールサテン。また、デビューしたのも2000年です。

当時のパネライは、青文字盤=サテンという傾向があったため、青文字盤でサテンだったのはこの69番だけではありません。

しかし、ブレスレットの青文字盤があまりないということや、50番が比較的有名なモデルであるため、69番は「オールサテンの青文字盤」という点がレアとして目立つわけです。

また、現行当時人気が無かったため、生産年も2000年と2001年のみ。2002年からは、50番同様「ポリッシュとサテン」となり、型番も120番となりました。

そんなPAM00069は、2000年代後半の時点では既に「レア」という印象があり、2009年9月時点で約47万円と、かなり評価されている傾向がありました。

その時代、GMTマスター216710、またそのコンビVerである16713でも30万円台という水準に留まっていたため、いかにPAM00069が高かったかということがわかります。

リーマンショック後という時代でも40万円台後半という水準を保っていた69番ですが、他の多くの時計が高くなったアベノミクス時には、あまり影響を受けることがなく、2013年以降は、むしろ値下がり傾向が目立っていると感じます。

実際、2016年7月時点で約44万円、2017年5月時点で約41万円というように、値下がりしている様子がありました。

そんな69番が目立って評価されたのは、2017年12月になってからのことで、その際約55万円という水準にまで上昇したのです。

この50万円台中盤という水準は、筆者が確認できる限り69番として過去最高水準ですから、「凄い!」と思った記憶があります。

そして、その後も69番の値動きは続き、2018年10月にはなんと約59万円という水準にまで上昇したのです。

けれども、そんな69番、2019年11月の今では値下がり傾向となっているのです。

現在の水準は、約54万円ですが、これは2017年12月とほぼ同様といえるかと思います。

PANERAI パネライ ルミノールマリーナ PAM00069 中古 333892

オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00069の価格比較

時計名 状態 2018年10月の安値(楽天) 期間 2019年11月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールマリーナ
PAM00069
中古 ¥599,400 1年 ¥547,800 -51,600 91.39%
2019年の様子、ルミノールマリーナ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -