腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

80万円台になった、ヨットマスター16622

以前から指摘しているように、このヨットマスター16622という存在は、腕時計相場全体の様子を暗示するかのような値動きをする傾向があり、全体的に高いときは高く、安いときは安いといった傾向があります。

例えば、リーマンショック後の2010年頃、1662245万円前後という水準でしたが、その中古相場は、16622としては過去最安値といえるものでした。

リーマンショック以前から、16622は相場を暗示するような動きがあったと感じますが、その際の価格帯は「高いときは50万円台後半、安いときは50万円台前半」というように、40万円台という水準になったことは見たことがなかったのです。

それがリーマンショック後には、50万円を割るどころか、一時は40万円台前半という水準にまで下落。その際、筆者は旧ブログにおいて、16622の様子をお伝えしたのですが、あまり理解されなかった記憶があります。

さて、そんな16622ですが、アベノミクス以降になるときちんと高い水準へと変化。2015年頃の水準は60万円台といったところで、リーマン前の2007年頃と似たような様子だったと感じます。

そして、2016年になると1662250万円台後半という水準になるのですが、当時といえばまさに全体的に安くなった時代。116710BLNR80万円台だったように、アベノミクス以降の時代としては、目立って安くなった時期だったのです。

2017年からは、2016年の安値に反発するかのように、多くの腕時計がアベノミクス時より、さらに上昇するといった値動きをしましたが、16622も2017年12月に70万円台という水準になっています。

2018年には、一旦70万円を割ったことがありましたが、再び70万円台に回復。2018年にはあまり派手に動くことはありませんでしたが、2019年になると5月に約77万円という水準になりました。これは、過去最高値といっても差し支えないといえるでしょう。

このように、16622は、相場全体を示すかのような値動きをしてきたと感じるわけですが、2019年12月の今、一体どのような水準となっているのでしょう。

今の時期といえば、2016年と似たように、夏頃から値下がりという傾向が目立っているため、1662270万円を割っていても不思議ではありません

けれども、現在16622は、なんと80万円台という水準になっており、過去最高値級だった5月を超えているのです。

ロレックスヨットマスター16622の価格比較

時計名 状態 2019年5月の安値(楽天) 期間 2019年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター
16622
中古 ¥776,455 0年 ¥800,800 24,345 103.14%
80万円台になった、ヨットマスター1…の次ページを見る>>
1 2
- PR -