腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年で10万円程度の上昇、ヨットマスター116655

2015年にデビューしたヨットマスター116655は、そのキャラクターから、派手な値動きを見せるモデルかと思うところでしたが、これまでの動きはそういったものに該当するとは言えませんでした。

実際、このモデルは2015年⇒2016年の新品実勢価格において、57万円以上の下落となっており、その後も派手な値上がりになるといったことはなかったといえます。

もちろん、これまでの事例では、「デビュー年の実勢価格が最も高い」ということはよくあるため、この116655の値動きが特殊というわけではないでしょう。

けれども、2016年に登場したデイトナ116500LN以降、デビュー年の新品実勢価格より、後の中古相場のほうが高いというモデルは、ロレックスにおいて珍しくなくなってきているため、この116655のような尖ったモデルがそういった動きとなっても不思議ではないといえます。

実際、116655は、初のラバーベルト採用モデルであったり、ベゼルもラバー系の黒であるなど、ロレックスとしては異色な要素が許された存在で、RGという高級要素と相まって、「憧れられる」系統の存在感を発揮しているといえます。

ただ、これまでの値動きを見る限りでは、この116655は人気モデルとは感じず、尖った要素を持つモデルながら、116655以降に登場した新作の影に隠れるような印象があったといえます。

そんな116655はここのところどういった動きとなっているかというと、この1年ではきちんと値上がりしている様子があります。

現在、116655は、約247万円という水準ですが、これは2018年12月と比較して、10万円以上といった上昇額。他のモデルと比べると目立っているとはいえませんが、これまでの116655の様子を考慮すると、2019年は伸びたという印象だと感じます。

ロレックスエクスプローラーヨットマスター116655の価格比較

時計名 状態 2018年12月の安値(楽天) 期間 2019年12月の中古安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
エクスプローラー
ヨットマスター
116655
中古 ¥2,343,600 3年 ¥2,500,000 156,400 106.67%
1年で10万円程度の上昇、ヨットマス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -