腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年1月6日更新

今でも10万円台で購入可能なジャンピングアワー、デビル4853.61

機械式腕時計には、様々な時刻の表現方法がありますが、今の時代、最もポピュラーなのはセンターセコンド(3針)だといえ、逆に、それ以外はあまり見かけることがありません。

センターセコンド以外で、ポピュラーなのはスモールセコンドですが、クロノグラフを除くと、これもまたあまり見かけないといえるでしょう。

スモールセコンドといえば、パテックフィリップカラトラバや、ジャガールクルトレベルソなどがありますが、それらはマニュファクチュールという点が共通しています。

パネライもスモールセコンドが主流ですが、自動巻モデルの場合、クロノグラフ用のムーブメントからクロノグラフ機能を取り除くといった処置が取られているぐらい、スモールセコンドムーブメントはポピュラーだとはいえません。

本来、センターセコンドより単純といわれるスモールセコンドですら、そういった傾向があるわけですから、その他の時刻表現となると、ほぼ見かけないということになるのは仕方がないといえます。また、珍しい表現方法が用いられたモデルは、100万円以上といった水準の上級モデルに限られるという印象もあります。

けれども、このオメガ4853.61のように、安価で購入可能なレア時刻表現を採用する存在があるのです。

この4853.61が用いるのは、ジャンピングアワー。何時何分の「時」を小窓で、「分」を針で示しています。

ジャンピングアワーを採用するモデルは珍しく、見た目的にも、実際これを採用するモデルの価格帯も高いという印象がありますが、この4853.61は、今でも10万円台という水準で購入可能であるのです。

オメガデビル(革ベルト)4853.61の価格比較

時計名 状態 2017年7月の安値(楽天) 期間 2020年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
デビル
(革ベルト)
4853.61
中古 ¥138,000 2年 ¥134,400 -3,600 97.39%
今でも10万円台で購入可能なジャンピ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -