腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

世代把握の困難さ、デイトジャスト41 126334黒文字盤

長い間、メンズサイズのデイトジャスト36mmだけという印象がありましたが、2009年、ついに大きなサイズが追加されました。

その際、通常のデイトジャストと区別するために、大きなほうには「II」という称号が与えられ、スポーツ系のように、デイトジャスト、デイデイトにも「ツー」が登場したわけです。

しかし、文字盤上には「II」の表記はなく、見た目も似ていたため、「II」の立ち位置はなんだか分かりづらい印象がありました。

そういったことのせいか、その後ロレックスデイトジャストとデイデイトにおいて「II」を廃止デイトジャスト36、41といったように、末尾にケースサイズを表記するというモデル名に変化したのです。

そういったモデルチェンジによって、デイトジャストには大きな影響があったと感じます。

それは何かというと、「頻繁なモデルチェンジによる世代把握の困難さ」です。

これまでデイトジャストは『5桁⇒6桁』といったように、数十年に一度というモデルチェンジだったため、世代変化が分かりやすかった傾向がありました。

それが2009年以降、「II」として116334が登場、その後デイトジャスト41に改められ126334へと変化。また、デイトジャスト36も116234から、126334に変化しました。

2009年までであれば、デイトジャストの変化は、5桁以降において「16234116234」だったわけです。もちろん、16234世代にも16200などがありましたが、そのバージョンは「II」登場以降に縮小されたわけではありません。

そういったことから、デイトジャストの全体像を把握するのは困難になりつつあるといえます。

実際、世代ごとに相場が存在しますが、これまでは5桁世代だと16234だから大まかに40万円前後、6桁世代だと116234だから60万円前後ぐらいといった具合に把握できたのが、116334126334のことも考慮しなければならないのです。116334は2009年に登場した「II」、126334は2017年登場の「デイトジャスト41」ですが、文章で書くだけでも複雑だと感じます。

そういったことから、2017年の登場からそれほど時間が経過していない126334の相場は、いったいどのような状況なのか把握していないという方もいるかもしれません。

実際、筆者は、デイトジャストの相場を把握する気になれず、あまり見ていなかったのですが、一度2009年以降の各世代を整理すると、意外と慣れてきて、やっと相場観がつかめるようになった次第です。

ロレックス ROLEX デイトジャスト 41 126334 ランダム番 自動巻き メンズ 腕時計 ブラック文字盤 SS×WG 中古

ロレックスデイトジャスト黒文字盤バー126334の価格比較

時計名 状態 2018年12月の新品実勢価格(3社平均) 期間 2020年1月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトジャスト
黒文字盤バー
126334
新品 ¥1,066,000 1年
1ヶ月
¥968,000 -98,000 90.81%
世代把握の困難さ、デイトジャスト41…の次ページを見る>>
1 2
- PR -