腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年1月20日更新

コミット展示品モデル紹介 第3弾 ~デイトナ 16520 200タキ/段落ち MK1~

こんにちは!

本日はコミット展示品のご紹介です。
残念ながら販売商品ではございませんが、
皆様に見ていただきたい逸品になりますので
是非ご覧ください!

ロレックス デイトナ エルプリメロ 200タキ 段落ち オールトリチウム
Ref.16520 Serial.R(1987年頃製造)
“Not For Sale”

神々しいオーラを放ったエルプリメロ搭載デイトナ”Ref.16520
こちらは最初期のRef.16520になります。

このモデル、素晴らしい特徴をもっておりますのでご紹介致します。

○1型 ”200タキ”ベゼル
16520のタキメーターベゼルは通常400メーターですが、
ごく初期のものは200メーターになっています。

○1型 ”段落ち”ダイヤル
12時位置の5行表記のロゴですが、
”COSMOGRAPH”のみ1段離れた位置にレイアウトされております。
”フローティング”とも呼ばれているダイヤルですね。

○”逆6”ダイヤル
6時位置/12時間積算計の”6”の数字が反転して”9”に見えるように表記されていることから
”逆6”や”反転6”と呼ばれているS番頃まで製造した初期ダイヤルでございます。

○シングルバックル
シングルバックルも欠かせない初期モノのポイントです。

上記の特徴を持った”200タキ”・”段落ち”のモデルの
生産期間は僅か1年程度です。

どうしても年代物になりますので、ダイヤルの劣化は仕方ないところですが、
この個体は劣化が見当たらない滅茶苦茶キレイな段落ちダイヤルでした。

ベゼルの状態も非常に良い個体です。

カッコイイですね~。

”200タキ”・”段落ち”という
素晴らしい特徴をもった別格モデルですね!

販売商品ではございませんが店頭にてご覧いただけます!
お気軽にお声掛けください。

●この記事の執筆者
金子剛
コミット銀座 販売部 シニアコンサルタント 業界歴14年 中野・新宿・上野・銀座の勤務経験を基に 腕時計の知識・相場観には定評がある。 ロレックスのマイナーチェンジ等、 細かな仕様違いに面白みを見出しておりマニア気質が高い。

- PR -