腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年1月28日更新

久々に上昇した、インヂュニアIW322701

2017年に34万円という水準をお伝えしてから、あまり大きく相場が変わらなかったIWCインヂュニアIW322701。また、その水準は、2010年と比べても値下がり状態だったわけです。

ブレスレット、自動巻というオーソドックスな内容かつ、耐磁性能も備えているIW322701ですが、全体的に腕時計が高いという印象の2017年において、2010年頃より安く購入可能というのは、稀な存在だったといえます。

さらにそういった水準は2019年になっても変化することなく、5月時点でも約32万円という水準で購入可能だったのです。

2019年上半期といえば、多くの人気モデルがずいぶん派手な上昇となっており、2017年と比較して100万円以上といった値動きとなっているモデルも珍しくありませんでした。

そのような時期において、IW322701は2017年と価格帯が大きく変わらないどころか、2010年と比べても値下がり傾向という様子だったわけです。

そういったことから、このIW322701はこれから先も大きく相場が変わることないと思われても不思議ではなかったといえます。

しかし、IW322701には今、なんと異変が起きているのです。

IW322701の現在水準はなんと約39万円という水準に達しており、2019年5月と比較して6万円ほどの値上がりとなっている様子。

このような値動きとなるのは、久々であるため「すごい」という感想になります。

IWCインヂュニアIW322701の価格比較

時計名 状態 2019年5月の安値(ヤフーショッピング) 期間 2020年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
IWC
インヂュニア
IW322701
中古 ¥329,400 0年 ¥398,000 68,600 120.83%
久々に上昇した、インヂュニアIW32…の次ページを見る>>
1 2
- PR -