腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

マルイ限定は40万円台後半に下落、スピードマスター3510.21

近年、オメガでは限定モデルが評価されている傾向がありますが、この3510.21というモデルはまさにそれに該当します。

このモデルは、リデュースドと呼ばれる、スピードマスターの最廉価に相当するモデルなのですが、2018年には50万円台後半という水準に達していました。

この時計、以前からこのような評価となっているかというと、決してそういったことはなく、2009年の段階では約12万円という水準だったのです。

とはいえ、当時のスピードマスターとして、その額はそこそこ評価されていたといえます。

なぜなら、当時のムーンウォッチの3570.50と同水準といえたからなのですが、リデュースドはプロフェッショナル(ムーンウォッチ)より2グレードほど下位に位置するため、中古相場が同様だったというのは、「限定モデル」の付加価値が評価されていたといえます。

実際、リデュースドの通常モデルである3510.50は、約7万円(2010年)という水準だったため、限定モデルの3510.2112万円というのは特に驚くに値しないでしょう。

しかし、2018年の評価となると、このマルイ限定モデルは50万円台後半という水準へ変化。これは、ムーンウォッチより30万円近く高い中古水準であるため、かなり驚くほど高い評価へ変化したと感じます。

とはいえ、近年においては、これまで目立った評価となっていなかった限定モデルのオメガが、急激に評価されるという現象は珍しくありません。

具体的には、ムーンフェイズのヨーロッパ限定やアラスカプロジェクト、スヌーピーなどがそれに該当するといえますが、いずれもこれまでの常識では考えられないほどの上昇となっている様子があります。

ただ、そういった上昇をしたモデルは、一時より安くなるということもあるようで、今ではヨーロッパ限定は50万円台から40万円台へと下落しています。

そして、このマルイ限定も今、下落している様子となっているのですが、まさに「50万円台⇒40万円台」という動きであるのです。

オメガ OMEGA スピードマスター クロノ 3510-21 自動巻 パンダ 黒 ブラック メンズ 丸井百貨店限定モデル メンズ 腕時計 オートマチック 中古

オメガスピードマスターマルイ限定3510.21の価格比較

時計名 状態 2018年9月の安値(楽天) 期間 2020年2月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
マルイ限定
3510.21
中古 ¥591,900 1年 ¥484,000 -107,900 81.77%
マルイ限定は40万円台後半に下落、ス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -