腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

40万円以下、ラジオミールブラックシールPAM00183

パネライのモデルで、愛称が存在するものはあまり多くありませんが、このPAM00183には「ブラックシール」という名前があります。

それは、文字盤にもはっきり書かれているのですが、なぜそういった要素が与えられているのかというと、それはこの183番がデビューした2004年当時の事情だといえるでしょう。

ラジオミールというシリーズは、今でこそ「高級」という要素を感じませんが、2000年代中盤まではパネライにおける最高級シリーズというポジションを担っていました。

ラジオミールとなると、搭載されるムーブメントはゼニスエリートといった機種だったり、アラームといったように、何らかの仕掛けが備わっていた傾向があったわけです。

しかし、このブラックシールのムーブメントは、当時のルミノールと同じETA(ユニタス)。

ですから、高級シリーズであるラジオミールのカジュアル版であることを示すために「ブラックシール」というサブネームが与えられたのだと思います。

こういった手法は、高級品において珍しくありませんが、高級シリーズのカジュアルバージョンというキャラクターは、なかなかな注目度となるケースが多いと感じます。

具体的には、1999年に発表されたロレックスヨットマスターがそれに該当すると思いますが、当時、最上級スポーツだったヨットマスターのカジュアルモデルとして登場したロレジウムは、一時的に定価以上の水準となっていたぐらいです。

それと同様、このブラックシールも2004年の登場時から非常に注目度が高く、かなり人気なモデルだったといえます。

さて、このブラックシールが面白いのは、その高い人気度がその後も継続していたという点です。

このブラックシールが出た翌年の2005年頃からラジオミール脱高級化を進むこととなるわけですが、そうなるとブラックシールのヨットマスターロレジウム的キャラクター性は失われることになるわけです。

まして、ラジオミールには「ラジオミールベース」という、ブラックシールと同じキャラクターを持つモデルが登場しているため、ブラックシールならではの特徴は強いものではなくなるといえます。

ですから、ブラックシールにはそのような不利な状況があったわけで、「デビュー時だけ注目度が高かったモデル」となっても不思議ではなかったのです。

けれども、ブラックシールは2004年のデビューから最近までの間、パネライの人気モデルというポジションをキープし続けていたように思うのです。

その理由こそ高めな中古水準だといえるのですが、これまでブラックシールは同世代の他モデルと比較して高い水準ということが多く、値動きも2012年から2018年まで上昇傾向となっていました。

オフィチーネパネライラジオミールブラックシールPAM00183の価格比較

時計名 状態 2018年11月の安値(楽天) 期間 2020年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
ブラックシール
PAM00183
中古 ¥419,000 1年 ¥396,000 -23,000 94.51%
40万円以下、ラジオミールブラックシ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -