腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

フチなしトリプルシックス!シードゥエラー16660 8番のご紹介!

こんにちは!

コミット銀座から金子がオススメ腕時計をご紹介致します!
本日はトリプルシックスのフチなしモデルです!

ロレックス シードゥエラー トリプルシックス オールトリチウム
Ref.16660 Serial.80番台(1983年頃製造)
Cal.3035 ハード溝有ブレス93160
付属品:箱
COMING SOON!!

1978年登場の2世代目シードゥエラー”Ref.16660
6が3つ並ぶ型番から通称”トリプル・シックス”と呼ばれているモデルでございます。

初代シードゥエラー”Ref.1665″からの変更点は、

○風防がプラスチックからサファイアクリスタルへ変更。
○ヘリウムガス・エスケープバルブを大型化することで1220mの防水性能を実現。
○ベゼルは逆回転防止へ変更。
○日付のクイックチェンジが可能になる。

になります。

今回ご紹介のモデルは前期型の『フチなし』モデルです。

Ref.16660はサブマリーナ Ref.5513やRef.16800
GMTマスターRef.16750同様、
インデックスにフチがない『フチなし』とメタルのフチがある『フチあり』で
前期・後期と分かれます。

この個体は83年頃の製造なので、
フチなしの中でも比較的、最終の個体になると思われます。

こちらはRef.16800のフチありラッカーダイヤルとの撮り比べですが、
フチなしマットダイヤルの色味は全然違いますね。

この個体はルミナスポイント、

インデックスとトリチウムが強めに変色しており、
ヴィンテージならではの雰囲気を楽しめる個体です。

ダイヤルコンディションは抜群に良いです!

ケースの状態は良くラグ足は太くしっかりしてしております。

ブレスは後年の溝有ハードブレス 93160が付いております。

付属品は箱・冊子(後年)と揃っております。

リストショット!!
チャコールグレーのダイヤルと焼けたトリチウムが、
滅茶苦茶カッコイイですね!

フチなしトリプルシックス”Ref.16660
雰囲気抜群の絶妙個体でオススメです!
こちらの商品はメンテナンス後、店頭にお出しする予定です!
お探しの方は要チェックして下さい!!

●この記事の執筆者
金子剛
コミット銀座 販売部 シニアコンサルタント 業界歴14年 中野・新宿・上野・銀座の勤務経験を基に 腕時計の知識・相場観には定評がある。 ロレックスのマイナーチェンジ等、 細かな仕様違いに面白みを見出しておりマニア気質が高い。

- PR -