腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

やっと値動きするようになった、ゴンドーロ5111G

2000年代に登場したゴンドーロ5111Gは、比較的新しい世代のパテックフィリップながら安価に購入可能という側面があり、これまでお得感が強い印象がありました。

また、2017年1月と2019年2月の比較では、2019年2月水準のほうが2万円ほど安値となっており、あまり値動きしなかった傾向もあったのです。

2017年1月と2019年の比較という場合、パテックフィリップの腕時計では数十万円単位の上昇ということも珍しくなく、そういった動きは“革ベルトのドレス系”にも該当します。

それに対して、ゴンドーロ5111G2万円の下落という様子だったため、ほぼ変わっていないといえたのです。

そんなゴンドーロ5111Gですが、そのような状況から1年後の今、かなり様子が変わってきています。

2020年2月現在、ゴンドーロ5111Gのボトム価格は145万円となっているのですが、これは2019年2月と比較して、なんと17万円の値上がり状態。

やっとゴンドーロ5111Gも、値動きする様子になったといえるのです。

パテックフィリップゴンドーロ5111Gの価格比較

時計名 状態 2019年2月の安値(楽天) 期間 2020年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ゴンドーロ
5111G
中古 ¥1,280,000 1年 ¥1,450,000 170,000 113.28%
やっと値動きするようになった、ゴンド…の次ページを見る>>
1 2
- PR -