腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2020年2月26日更新

チタンの評価、シーマスター2231.50

チタンの高級腕時計は、意外と上級モデルに用意される傾向があるためか、一見ステンレスと同じような価格帯と思いきや、実はステンレスより高いということもあります。

また、2000年代前半の新品実勢価格だと、チタンモデルはステンレスより10万円近く高価ということもあったため、意外と高いという傾向があるといえます。

実際、それは現在の中古相場を見ても分かるのですが、ステンレスを基準とした場合、10万円以下といった価格帯でもそれなりな選択肢がある一方、チタンとなるとそのような価格ではほぼ選択肢がないといえます。

では、チタンの高級腕時計といった場合、どのぐらいの価格帯が最低ラインとなるのかというと、筆者の見立てとしては20万円台からという感覚があります。

そういった価格帯に位置する腕時計はどのような選択肢があるかというと、具体的にはオメガが目立つわけですが、シーマスターには20万円台で購入可能な存在がいくつかあります。

とはいえ、それらシーマスターもかつての相場と比べると高くなったという感覚があり、特に2010年代前半と比べると、なかなかな値上がりをしていると感じます。

そして、そのような値動きは今でも継続しているといえ、実際このシーマスター2231.50は2019年6月に約21万円だったのが、2020年2月現在では約26万円という水準にまで上昇。そこまで有名なモデルでないにも関わらず、かなりしっかりとした値動きをするのです。

オメガシーマスタープロフェッショナル2231.50の価格比較

時計名 状態 2019年6月の安値(楽天) 期間 2020年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
シーマスター
プロフェッショナル
2231.50
中古 ¥213,840 0年 ¥261,800 47,960 122.43%
チタンの評価、シーマスター2231.…の次ページを見る>>
1 2
- PR -